事務局の部屋 of 奴奈川青年会議所

ようこそ 社団法人 奴奈川青年会議所 ( ぬながわJC ) のホームページです。新潟県の西端にあたる糸魚川市の若者が集う青年会議所です

2009年度 奴奈川青年会議所スローガン 青年の大成

button_giopark1_off.pngbutton_aokikiyoki1_off.pngbutton_syokuikui_off.pngbutton_kodomo_off.pngbutton_ansin_off.pngbutton_seinen_off.pngbutton_commit_off.pngbutton_soumu_off.pngbutton_jimukyoku_on1.png

””

事 務 局 の 部 屋

事務局長 山本 富士世
副事務局長 吉川 友紀
副事務局長 猪又 高貴

 (社)奴奈川青年会議所は、現在、変革(未来を形づくる時)の
時機にあります。先輩方が築いてこられた41年という歴史を
踏まえ、我々は新たなページを刻むべく、第一歩を踏み出さな
くてはなりません。その為には、志と理念の「継承」を礎に、未
来を見据えた責任ある「決断と実行」によって、「進化」を自らの
ものとしなければなりません。
 そんな大切な時期だからこそ、円滑な組織運営が求められる
のではないかと思います。
 そんな中、加藤理事長の下、事務局長としてやるべきことは、
「JC活動に関わる運営業務および各種取りまとめ(事務局の運営
および管理)」「公益法人制度改革に対応した進化した組織づく
り」「委員長連絡会議の運営」「会計幹事会の運営」などがありま
す。
 事務局として、これまで通りの役割にプラスして、今回新た
なチャレンジとなるのが「委員長連絡会議の運営」「会計幹事会
の運営」の2つです。
「委員長連絡会議」は委員長を「会計幹事会」は副委員長をそれ
ぞれ対象とした、横の繋がりを持たせる事を目的にした会議で
あり、本年度は3室、8委員会の構成ですので、この“横の繋が
り”を上手く機能させる事が重要になってくると思います。
 また、JCの“伝統”でもありますピラミッド型の組織形態に、
横の繋がりを足す事で、より均整の取れた組織となり、それが
JC活動に反映され、活かされる事を目指します。
 そして、「公益法人制度改革」については、PDCAサイクルへ
とつながる報告・検証や会計基準の見直しなど、引き続き「公
益法人制度改革に対応した組織づくり」をテーマに進めていきた
いと思います。
 これからの(社)奴奈川青年会議所を見据え、この1年間、会
全体が活気に溢れ、メンバーが気持ち良く活動に打ち込めるよ
うに、サポートしていく事を使命として行動していきますので、
宜しくお願い致します