「トンボをかける若者にハッとした」 of 奴奈川青年会議所

ようこそ 社団法人 奴奈川青年会議所 ( ぬながわJC ) のホームページです。新潟県の西端にあたる糸魚川市の若者が集う青年会議所です

2009年度 奴奈川青年会議所スローガン 青年の大成

button_giopark1_off.pngbutton_aokikiyoki1_off.pngbutton_syokuikui_off.pngbutton_kodomo_off.pngbutton_ansin_off.pngbutton_seinen_off.pngbutton_commit_off.pngbutton_soumu_off.pngbutton_jimukyoku_on1.png

「トンボをかける若者にハッとした」

 先日、ブロック野球大会に向けて練習試合を行いました。
対戦相手は、地元の若者が中心の強豪”DⅰoS”でした。
試合結果は、善戦!?虚しく敗退しました。

 試合終了後、私はある光景を見て”ハットさせられました”。
それは、対戦相手の若者4名が、私達がベンチで話をしている間も、
最後までグランド整備をしている光景を目にしたからです。
(勿論、両チームで整備はします。)

 皆さんは、どう思いますか?

今年、我々(社)奴奈川青年会議所は”青年の大成”を掲げて活動を
しています。
”青年の大成”を目指している我々が、これでよいのでしょうか?
スポーツマンシップとは何なんだろうか?・・・・・

 そう考えると、”練習試合に関わった3時間”は地域のリーダーを
担う我々にとって、恥じない時間だったといえるだろうか?・・・・・

 これは、グランド整備だけではなく、試合中もそうだろうし、
日々の生活、JC活動、全ての事に言えるのではないでしょうか?

 今回は、自分の足元を見つめ直す切欠を頂いたように思います。

(社)奴奈川青年会議所 事務局長 山本 富士世