仕事も育児も人生も楽しむ生き方 アンケート結果 of 奴奈川青年会議所

ようこそ 社団法人 奴奈川青年会議所 ( ぬながわJC ) のホームページです。新潟県の西端にあたる糸魚川市の若者が集う青年会議所です

2009年度 奴奈川青年会議所スローガン 青年の大成

button_giopark1_off.pngbutton_aokikiyoki1_off.pngbutton_syokuikui_off.pngbutton_kodomo_on.png.pngbutton_ansin_off.pngbutton_seinen_off.pngbutton_commit_off.pngbutton_soumu_off.pngbutton_jimukyoku_off.png

『仕事も育児も人生も楽しむ生き方』
~ワーク・ライフ・バランス実現への秘訣~

アンケート集計結果

アンケート回答者 92名(参加165名中)

Image263.jpg

Image264.jpg

●講演会を知ったきっかけは?

【参加案内】/男性[24人] /女性[28人] 【HP】/男性[ 0人] /女性[ 1人]
【知人からの誘い】/男性[29人] /女性[ 8人]  【その他】/男性[16人] /女性[ 2人]

●【糸魚川のパパからの一言】
  『仕事、子育て、WLB[仕事と生活の調和]など、

日頃のご自身の生活を振り返って思うことを一言』

※下記項目の[ ]内番号は同一の方の意見・感想

【男性からの声】

[1] もっと努力しようと思う。色々と・・・。(26歳)

[2] おもいやりの心が必要だと思います。(41歳)

[3] もしかして、自分こそ会社がホーム、家庭がアウェイになりつつあるのかも。(44歳)

[4] 夫のトークと妻のトークの違いが確かによく分かった。(42歳)

[5] とても面白かったです。(33歳)

[6] 仕事の帰り時間が遅いため、週末しか子どもと触れ合う時間がもてない。(40歳)

[7] 朝早く、夜遅く・・・結構疲れています。(38歳)

[8] 仕事、育児、人生の生活バランスが難しい。(37歳)

[9] 仕事を一生懸命やっているだけでは不完全だと思いました。(35歳)

[10] 実際に家庭、夫婦関係の悪化で、子育てに悪影響を及ぼしているのかも・・・。(33歳)

[11] ママをもっと休ませます。(37歳)

[12] 今晩からでも実行出来そうなことに気づかせてくれた。(49歳)

[13] 私が父として尊敬する人物 → “さくら ひろし”(笑っている父親)
(ちびまるこちゃんの父親、彼は常に肩に力を入れずに、子ども目線で会話をしている)(58歳)

[14] 「育てたように子は育つ」「親(父性・母性)の背を見て子は育つ」、伝えていく事の大切さを 私達が担う事が必要だとあらためて感じさせられました。(52歳)

[15] 父親としての役割、仕事について「メンドクサイ」と感じることが・・・でもどれも自分の時間でしたね! とても良くわかりました。(50歳)

[16] 子育て、家事をほとんど妻に任せっきりだったと思います。(47歳)  

[17] まだ育児望む姿勢が足りてないと思った。(31歳)

[18] 自分なりの絵を描けるようになれそうです。(30歳) 

[19] いい意味適当でいいと思います(自然体)(37歳) 

[20] 4才の子どもに対してすぐムキになって怒ることがよくある。(26歳)

[21] 忙しさのあまり、子育てと両立は出来ていないと思う。(30歳)

[22] プレパパですが、仕事をうまくやりくりして、家庭の時間をつくりたい。(31歳)

[23] 子育てや家事をやっているつもりでいたが、本当はまだ全然やれていない。(32歳)

[24] 仕事依存の生活の方が多い。(企業風土が影響している)(34歳)

[25] 我が家庭の事を言っている様に感じる程、気付かされる事だらけでした。(35歳)

[26]人生設計をもう一度考えて見ます。(36歳)

[27] 仕事中心の生活だと自分自身で思い込んでいました。(37歳)

[28] 子どもとのふれあいの時間が少なく、子どもの寝る時間(2時間前位)まで仕事が忙しく大変。なるべく子どもの1日の話は聞くようにしているのですが・・・。(37歳) 

[29] 仕事も忙しいですが、空き時間をうまく利用するなどして、子育てを楽しんでいます。 趣味を楽しむ時間があればもっと良いのですが、とりあえず今は子育てに専念しています。(39歳)

[30] 我々が子どもの頃の専業主婦制の方が良かった気がするが・・・。 全て平等に行う事が果たしていいのか疑問である。(39歳)

[31] 仕事が忙しい時は、仕事優先になっている。(43歳)

[32] ただただ反省。(43歳) 

[33] いつになく素直に反省している自分に驚いています。(45歳)

[34] 子どもと休日が合いませんが、一度しかない幼少期なので、散歩をしたり絵本を読んだり、多くの友人と家族共々会う様にしています。(39歳)

[35] 仕事ばかりして、まわりが見えていない。(28歳) 

[36] 少しづつでも育児に協力していきたいと思いました。(28歳)

[37] 今、息子が生後3ヶ月で大変な時。出来るだけ家事なども手伝っているつもりですが、思えばただの「つもり」なのかも知れません。(31歳)

[38] 片寄った寄せ鍋かも知れませんが、日々楽しい毎日を過ごしています。(33歳)

[39] 3才の子どもがいるが、産まれた直後は“父親”というものに今一ピンとこなかった。3ヶ月位の頃、私の顔を見てその子が笑ったのがきっかけで、積極的に子育てに関わろうと思った。(33歳)

[40] パワーのある講演でした。(36歳)

[41] まったく家事をしていない自分を恥ずかしく思いました。(37歳)

[42] ゴミ捨てしない、風呂入れない、夜遅い・・・3拍子揃ったスーパーダメ親父です。(37歳)

[43] 父親としての自覚を持って、自分も明るく前向きに(人を思いやる心)生きることで、もっと子どもにも良い影響を与えていきたいと思います。(38歳)

[44] 「もっと人生を楽しもう!」と思いました。(39歳)

[45] 仕事が休みの日は、子どもと接する様にしていますが、他の人と比べると少ない様に思います。(39歳)

[46] 能生~青海間の渋滞(朝・夕)を何とかしてほしい。(27歳)

[47~58] 記載なし。

【女性からの声も・・・】

[1] 変えるヒントをもらったから、これからの人生を楽しめそうです。(27歳)

[2] 仕事や家事を投げ捨てて、子どもともっと遊びたい。(29歳)

[3] 家事を夫にやってもらっても、罪悪感を感じない対等な自分になりたいです。(36歳)

[4] 子どもが小学校にあがってやっと「調和」が取れてきました。 それまでは・・・目先のこと、子どもを生かしておくことでいっぱいいっぱいでした。(42歳)

[5] 夫の帰りが遅いのは、居場所をなくしてしまう私にも原因があると感じました。(44歳)

[6] 本人の努力だけではダメ。会社と社会、お嫁さん不足・・・第一人との縁(関わり)が結べていない。(50歳)

[7] 私の夫は“自分の時間”が第一。これからのパパには、もっと“パパを楽しんで”ほしいと思います。(50歳)

[8] 家庭の中で、父親の居場所がある事ってとても大切だと思います。(54歳)

[9] 主人は子育てや仕事を持つ私にとても協力的でした。(主人65歳)それがあったから、二人の子どもを 育てながらの仕事は大変ではあったものの、充実した楽しい日々を過ごせたのだと思います。(60歳)

[10] 毎日仕事と子育てに負われて、子どもといっぱい楽しむことを忘れていた様な気がします。(43歳)

●講演会参加に際しての意見・感想

【男性】

[1] 今後の将来に対し、参考にしていきたいと思う。(26歳)

[2] 頑固親父だと痛感。(47歳)

[3] 子どものため、家族のため、そして自分のためにもファザーリングを実践していこうと思った。
   まずは子どもと休みの日に朝ごはんでも作ってみようかな。(44歳)

[4] 日頃の生活を振り返る良い機会でした。(42歳)

[5] この講演会を今聞けたことが、本当に良かったといつか思える時がくのでしょうね。(33歳)

[6] 仕事が忙しい分、出来るだけ自分の時間をけずってでも子どもとの時間を作っている。 講師の方の言う通り、子どもとの時間も自分の時間であり大切だと私も思っている。(40歳)

[7] 知らない事情がたくさんありました。そういったことを聞く機会が得られ本当に良かったです。 ありがとうございました。(38歳)
[8] 父親としての役割の大切さ、楽しさが分かったような気がします。(37歳)

[9] 「Windows 95の呪い」憶えておきます。自分の人生のため、子育てのために5年後?・・・ 子どもが出来た時に是非もう一度聞きたいと思いました。(35歳)

[10] 父親としての役割をあらためて考えさせられました。妻とじっくり話し、よりパートナーシップを高め、我が家をアウェーからホーム(アットホーム)にしていきます。笑える父親になるぞ!(33歳)

[11] 最近、家事の割り合いが1:9位かな?明日、朝ごはんでも作ります。(37歳)

[12] この話を20年前に聞ければ良かったです。(49歳)

[13] 青海町総合福祉会館で、毎月第3日曜13時~「つむぎの会」をおこなってます。(つむぎの会親父の部)今日の講演会で更なる勇気を頂いた気がします。(58歳)

[14] 参加者が非常に多いのに感動しました。子育てに一生懸命な市民の姿が見られた喜びが大きい。(52歳)

[15] 先生の話から、「男」が家庭を作ること意味、居場所作りの大切さが良く分かりました。(50歳)

[16] 朝食作りや洗濯などの家事一般を、これからは時々やろうと思います。又、子どもと接する時間をもっと増やしたいと心から思いました。(47歳)

[17] 非常に面白かった。会社で家庭で地域での自分の居場所を確保する。楽しめる夢を持つ。(31歳)

[18] 記載なし。

[19] 自分の子育てに対する思いが間違っていないと自信が持てた講演会でした。(37歳)

[20] 記載なし。

[21] 記載なし。   

[22] とにかく楽しい生き方が一日でも長く続くように・・・そんな人生を送りたいと思いました。(31歳)

[23] 自分自身の価値観を刺激しました。今後はもっともっと家庭に目を向けていきたい。(32歳)

[24] 楽しい講演会でした。未来への生活スタイルであると思えました。(34歳)

[25] 自分なりに子どもと関わってはいるが、今一慣ついていないと感じていましたが、その理由が分かった気がしまた。もっと子どもの気持ちを踏まえて接し、いつも笑って過ごしていきたいと感じています。(35歳)

[26] 記載なし。 

[27] 仕事が忙しいという言い訳で、育児や家事から逃げていました。この講演を聞き、せっかく得た家族とのふれあいの場を自ら消してしまっていたこれまでが実に勿体無いと悔い改めました。これからは家族で人生を共に楽しみたいと思っています。本当にありがとうございました。(37歳)

[28] 毎日怒っている父親です。子育て、妻の手伝いはやっているつもりですが、私は時間に追われ、子ども中々やることをやらないとすぐに怒ってしまいます。もう少し子どもに時間を与え、自分も楽しく子育てを頑張ろうと思いました。私も子どもに教わることがたくさんあると思うので・・・。 これからは真剣に一つ一つ子どもを観察していきます。ありがとうございました。(37歳)

[29] 父親としてまだまだ育児に関わることがたくさんあるということを感じました。自分が育児を楽しむことで、家族だけでなく、地域全体が変わり良くなっていくんでしょうね。(39歳

[30] リポートトーク、ラポートトークがとても参考になった。寄せ鍋理論は大変と感じたが、逆に楽しむように心がけていこうと思う。(39歳)

[31] 育児の大切さや楽しみ方、自分の育児にたいして不足している点を教えてもらいました。(43歳)

[32] 色々なこともあるが、難しい問題もまずは一つの事からきちんとクリアしていこうと思います。(43歳)

[33] 今の私にとって勉強になったとてもいい講演会でした。(45歳)

[34] 自分の時間と子どもとの時間の割り切り方、配分の仕方が難しいです。なるべく色んな人に会い、色んな体験をさせたいよ思っています。(39歳)

[35] 父親の大切さ、子育ての大切さをより実感しました。子どもが出来た時への妻への気遣いや、子どもに対する接し方をあらためて考えさせられました。(28歳)

[36] 楽しくも参考になるお話でした。自分も子どもが産まれたばかりで妻に育児の大半を任せているので、耳が痛くなるお話もありましたが、今一度よく考えて育児に携わるようにしたいと思います。(28歳)

[37] これからの育児、家族に対しての姿勢が大変勉強になりました。今日聞いた内容を含めながら、これからは自分なりの父親像をつくっていきたいと思います。

[38] 僕のOSは古い・・・!これからは家族と共に力を合わせ、そして一生懸命楽しく生きていきたい(33歳)

[39] 今日の講和のような考え方もあることを、糸魚川市全体にもっと普及してください!(33歳)

[40] 父子家庭に対しての社会的な整備が必要だと考えさせられました。(36歳)

[41] うつむくことが多く、反省しきりです。夫も妻(Fatheringではあるが)にも参考になる講演だったと思う。夫も妻も互いの意識を少し変えるだけで、子育てが変わる、家庭も変わっていくんですね!(37歳)

[42] 話を聞いただけで、子育てに対する抵抗感がなくなり、逆に子育てに対する興味が湧いてくるような とても楽しいお話で大変良かったです。父親像に対する固定概念を完全に取り除いてもらえるくらい 素晴らしい講演会でした。心から素直に聞けました。ありがとうございました。(37歳)

[43] 自分が幸せで楽しい暮らしを送るためには、多くの人に幸せを分け与える努力も必要だと感じました。本日はありがとうございました。(38歳)

[44] 現在の社会に起きている種々の課題は、実は根っこで繋がっているのだと感じました。まずは父親が 主体的に関わる(変わる)ことで、社会はもっと変わっていくのだと・・・。(39歳)

[45] とても良い話が聞けました。ありがとうございました。(39歳)

[46] 面白い講演だったが、時間の配分を考えてもらえると良かったと思う。それとペットボトルより、糸魚川の美味しい水を出してアピールすれば良いと思う。(27歳)

[47] 凄くおもしろかったですよ!(40歳)

[48] 今日、飲み会を断ってまで参加したが、本当に良かった。是非違ったテーマでも話が聞きたい。 ただ、子どもがうるさかったのが少し残念でした。(保育ルームあったのに・・・。)(32歳)

[49] 「子どもと一緒にいるのも自分の時間なんじゃないか・・・」この言葉にドキッとしました。(49歳)

[50] 父親がたくさんの責任を背負っているのことが良く分かった。本日はありがとうございました。(35歳)

[51] 本当に正しいのかどうか分からないけれど、おそらく正しい中にも参考になる知恵?というか、目安・ベンチマーク的なものを聞かせていただきました。(37歳)

[52] 非常に為になった。今後に生かしていきたいと思います。(38歳)

[53] もっと子どもと向き合ってみようと思います。(39歳)

[54] 本当に素晴らしかった!大変勉強になりました。(54歳)

[55] 世の中には可哀想な父親が大勢いるのだと気付かされました。(36歳)

[56] 共感できる話で、実に為になった。(36歳)

[57] ・ファザーリングから始まる(見える)様々な問題や効果について勉強させられました。(気付かされました) ・理想のファザーリングには程遠い現状ですが、妻とお互いどこまで出来るかを話し合いながら、やっていこうと思います。  ・「地域のおやじ」とても気になる言葉でした。(36歳)

[58] 大変深いお話でした。育児を楽しむことで、どれだけメリットが生まれるのかが分かりました。 一生に一度の人生、楽しまなければいけませんね。(38歳)

【女性】

[1] ありがとうございました。実体験のことで凄~く重みがあり聞き入りました。これからママ&パパになるので、彼がどんなパパになるのか今から楽しみになりました。私も支えていくぞ~!!と元気づけられました。  糸魚川がさらに良くなると思えると嬉しい限りです。(27歳)

[2] 胸にグサッと刺さるような言葉でもあり、自分自身を見つめ直すイイ機会を頂きました。仕事で疲れた・・・  とばかり言っていないで、子どもともっとパワフルに遊びたい!と思います。(パパと協力して・・・。)(29歳)

[3] 保守的、閉鎖的な糸魚川で、こんな共感できるお話が聞けて本当に嬉しかったです。色んな生き方が 選べる世の中に少しでもなればいいなと思います。私の言いたかったことを全部言ってくれた安藤さん、 この講演を企画してくれた青年会議所の皆さんに感謝感謝!本当にありがとう。(36歳)

[4] 子育ての現場も見ているし、広い視野も持ち合わせ、行政や周りをまき込む行動力もある。そんな講師の方のパワーを沢山もらって帰れた講演会でした。(42歳)

[5] 母親の過干渉には耳が痛く聞きました。今後に生かしたいです。(44歳)

[6] 本当に参加して良かった。自分の子や夫にも聞かせたかったのと、これをもっと若い時に聞きたかった・・・ 反省あるのみですね。娘にも活かしたいと思います。(50歳)   (どうして結婚するのかな?相手、理想追求、理想像のあり方、全てをしっかり取り組まないと!)

[7] 保育ルームがあるのに、どうして会場で子どもの声がするのですか?どうしても子連れで話を聞きたい 人がいるのなら、それ用の会場(講師の安藤さんをテレビで写して観られる場所)を用意すべきでは なかったでしょうか?(50歳)

[8] すべての原点は人との関わる力ですね。お父さんだけではなく、お母さんにとっても聞いてほしい内容 でした。“子どもが出来たらOSを入り替えよう!”この言葉を息子に聞かせてやります。(54歳) (ただ、講演自体が素晴らしかっただけに、終了時間は守ってほしかったです。)

[9] 安藤氏がとても楽しそうに話されるので、私の方にもそれが伝わり、楽しく、面白く、話に吸い込まれました。 息子夫婦にアドバイス出来ることが多くありました。初めて?かもしれないこの趣旨、講演内容からみて この計画は大変良かったです。安藤先生は宝箱ですね・・・。(60歳)   (クーラーで冷えすぎ、寒かったです。省エネで行きましょうね。)

[10] 子育ては楽しいことだということが分かりました。親が人生を楽しんでいないと、子どもも楽しめない。 それが子どもの人生に堂々と関わることなんだということに気がつきました。(43歳)

【女性】/講演感想のみ

[11] 参加してみて思ったことは、普通であれば嫌煙されるテーマにもかかわらず、これだけ男性(パパ?)が多いことにビックリしました。主人にも講演を聞いて欲しかったです・・・。(30歳)

[12] 心から主人にも聞かせたいと思いました。(30歳)

[13] 日頃、自分の育児の大変さばかりを訴えていた私・・・。パパも大変なんだなぁ、色々子ども達の事も考えてくれてるんだなぁとパパの気持ちも理解する事が出来ました。パパだけでなくママもこの講演会を聴けば、両者共ヨリ歩み寄り助け合う(笑い合う)事が出来るのではと感じました。是非もう一度ママ達も含めてお話を!と思いました。(33歳)
P.S. 講演会の保育ルームのことです。自分も泣く子をお願いしてきました。子連れで聴いても良いなら統一すべき!自分も子育て中なので、時間も遅いし連れて聴きたい気持ちは良く分かります。 けれども・・・これでは保育ルームの意味がないのでは?(授乳の方も多分おられると思うので)親子室を作ってもらえたらと切に思いました。せっかく気持ちがあって聴きにきているのに、子どもを連れているだけで(子どもが少し騒ぐと)パパ達は白い目でジロッと・・・ママだけが子育てなの?   まさにそう感じてしまいました。パパ達・・・本当に今日の講演の意味分かってんのかなぁ・・・

[14] とっても来て良かった楽しい講演会でした。とてもいい言葉もたくさん言っていて、日頃モヤモヤとして考えていた課題の答えが分かりながらも、何かを発見出来たような感じがします。夫にもこの講演会を聞いた成果を期待したいと思います。妻にとって理想の父親像を持つ安藤さんでした。(36歳) 

[15] 参加して良かったです。この講演の内容をしっかりと受け止め、子育てに励みたいと思います。(37歳)

[16] 夫と二人でこの話を聞けて本当に良かったです。一緒に来てくれて、最後まで隣に座っていてくれた夫に感謝感謝です。安藤さんありがとうございました。(38歳)

[17] 平日の夜に行くのは非常に迷いましたが、来て本当に良かったです。安藤さんが定期的に糸魚川に来てくださったらステキですね。(38歳)

[18] もっと多くの人にこの話を聞いてもらえれば・・・一人で来たが、誰かを誘ってくればよかった。(41歳)

[19] 内容は良かったのですが、子どもの声がきになって仕方ありませんでした。保育ルームがあったのに、余計ビックリしました。とても良い話だったので本当に残念でした。こういうマナーが糸魚川のレベルを如実に示しているのでしょうね。(50歳)

[20] 単身が長かった主人が、こうだったと思いながら聞きました。でも時代は流れています。これからの父親が子育てしやすい環境に少しでもなるよう支援していきたいと思いました。(51歳) (育児への父親参加の大切さを楽しく聞かせて頂き、豊かな父性・母性のある家庭で子育てをすることがどれほど大切であることかを、もう一度確認出来ました。)

[21] 仕事にかまけず、早く帰ろうと思いました。(37歳)

[22] 30代でパパになった世代の30年代う生まれです。安藤先生の話を自身の子育て中に二人で聞けたら、もっと違う子育てが出来たのではないかと思います。次は孫の子育ての大きな大きな参考になりました。本当にありがとうございました。(52歳)

[23] 今の私にとり安藤さんの話は必要ありませんでした・・・それだけ主人は安藤さんそのままです。 私自身教職という仕事を持つ立場で、主人には子どものこと、家事を含めて甘えているのは確かです。今の自分を男性と思いながらお話を聞かせて頂きました。ありがとうございました。(37歳)

[24] ご夫婦で一緒に聞いて欲しい内容と思いながらいましたが、そのような状況がかなりありましたね! 子育ては親育ちです。大変ですが、今の自分があるのは子どもがいたからこそです。(53歳)

[25] 政治家が悪いって言うより、自分たちが変わりましょう!その言葉で夫・妻、それぞれ自分たちの立場で夫(男性)を変える様にやれることからやりましょう!そう思いました。気持ちが楽になりました。(54歳)

[26] 子育てのキーパーソンは「父親」。認識を新たにすることが出来ました。ありがとうございました。(60歳)

[27] まだ子どもはおりませんが、お互いが困らないよう今から主人に少しでも家事を今から手伝ってもらい少しずつ覚えてもらう様にしたいです。今後の円満な家庭づくりの参考になりました。(37歳)  
 
[28] 土・日などの昼間の時間におこなってほしかったです。夜間に子どもを連れ参加するのは大変。(38歳)

[29] とても参考になり、いい勉強になりました。子どもに対してのコミニュケーションが大切だと感じました。本当にありがとうございました。(39歳)

[30] 中1と小4の子どもを持つ親です。これからの子育ての不安がなくなった様な気がします。安藤さんのお話を聞いて気が楽になり、楽しく生きていけそうな気が・・・参加して本当に良かったです。  一緒に参加している主人も、同じ気持ちになってくれていればいいなぁと思います。(43歳)

[31] 大変参考になりました。自分自身が変われば地域が変わる!自分自身の一歩がまずは大切! ありがとうございました。(52歳)

[32] 「子どもと一緒にいるのも自分の時間じゃないの!?」すべてこの自覚がある事で解決されるのかも・・・  男性であり同じ立場のお父さんでもある安藤さんから言って貰えて良かったぁ(2児の母)(41歳)

[33] 母親だけでなく父親も育児や家事などに携わる大事さを知りました。とてもいい講演でした。ありがとう!  また聞きたいと思います。是非その機会を!(54歳)

[34] 父親の“育児参加”、まだこの表現がシックリきてしまい残念・・・これからなんでしょうね。この役割の大切さは重要視されつつありますが、まだ形だけの中・・・でも糸魚川にイイ風を与えて頂きました。 それぞれの環境は違っても父親になれた喜びをあらためて感じたお父さんがきっと沢山いたと思います。 子を育てるということは、親も又共に育つということなのでしょうね・・・心から実感することが出来ました。 父親(男性)の発達(改革)はきっと社会を、子どもたちを変えるのだと思います。(32歳)