「越後・糸魚川 南蛮1エビ決起集会」 | 2010 社団法人 糸魚川青年会議所 ~NEXT~

エビ決起集会ビルボードx645.jpg


日時

会場
担当
平成22年 3月 29日(月)
     19:00~21:00
ひすい王国館2Fホール
ハイパーレジャー創造委員会
(NEXTまちづくり室 合同)

報告

◆委員長報告◆

大勢のメンバーの皆様に設営、演出をお手伝い頂きまして、誠にありがとうございました。


 「たった一つの強烈な魅力」を活用し、糸魚川の交流人口の拡大をしていくにあたり、糸魚川の魅力「食」に目を付け、その中から、日本最高峰の甘エビ『糸魚川南蛮エビ』を糸魚川のウリとして、糸魚川産の魅力の再認識して頂くべく、行政、企業、団体の皆様に『創作料理、産地の違うエビの食べ比べ』を実際に体験していただきました。

趣旨説明.bmp決起大会に至るまでの経緯をプレゼンテーション この、3月事業「越後・糸魚川 南蛮1エビ決起集会」を迎えるまでに、3回の戦略会議を経て多方面の皆様にご協力、御尽力頂き、徹底的に南蛮エビについて勉強しました。

  •  「糸魚川産南蛮エビと日本全国に流通している甘エビの違い」
  •  「関東圏での甘エビの意識」
  •  「新潟県下での南蛮エビの動き」
  •  「南蛮1エビ戦略会議の開催」
  •  「糸魚川市民の意識」
  •  「栄養価」

等をプレゼンし、糸魚川の南蛮エビの素晴らしさを御来賓の皆様にご理解いただけたのではないかと感じました。

違いがわかる??.bmp糸魚川産、北海道産、輸入物の南蛮エビ、甘エビ プレゼン後、実際に、糸魚川産の南蛮エビの違いを体験していただく為に、糸魚川産、北海道産、輸入物の南蛮エビ、甘エビを刺身で試食していただきました。当日の糸魚川産南蛮エビは「新潟県南蛮エビブランド化推進協議会」に、ご提供いただきました。試食を頂いた皆様は、「ここまで糸魚川産と他の甘エビが違うのか!」と称賛の声を頂きました。 サプライズで、園田工務店様「匠」の技でご制作頂いた、寿司下駄を100に漁場「傳兵」様ご提供による、糸魚川産南蛮エビの握りをお召し上がりいただきました。

 お召し上がり中に、もうひとつサプライズをという事で、「エビちゃん」が登場しました。糸魚川を元気にしたいがコンセプトの着ぐるみです。皆様から暖かい拍手で会場の雰囲気も最高でした。

■食の鉄人登場

スイーツの鉄人.bmp“食の鉄人”登場!糸魚川の飲食店関係者、生産者の皆様から口頭で、「南蛮エビ」は刺身以外に活用方法がないのか?という意見を頂きました。 そこで、今回のメイン企画「南蛮エビ料理の鉄人」という事で、
 ・和食の鉄人   すし廣   「エビシンジョの湯葉包みあんかけ」
 ・和食の鉄人   かわせみ  「南蛮エビの南蛮味噌あえ」 
 ・洋食の鉄人   カプリーノ 「南蛮エビのマリーネ風」
 ・スイーツの鉄人 ナカシマ  「南蛮エビキッシュ」
の皆様に南蛮エビの創作料理を100人前ずつ制作頂きました。

えび料理.bmpこの日のために用意された南蛮エビ料理の数々 司会の「私の記憶が確かならば、糸魚川には南蛮エビに美味しい魔法をかける4人の鉄人がいる、鉄人たちよ・・・」のアナウンスの後、ノボリ旗と共に鉄人が入場しました。鉄人一人一人が料理説明をし、来賓者の皆様に料理を味わって頂きました。演出、料理共に皆様が南蛮エビのポテンシャルの高さ、たった一つの強烈な魅力の奥深さ等感じて頂けたのではないかと思いました。


■私たちは「糸魚川を日本一のまちにしたい」

 その為には、皆様が一丸となり、たった一つの強烈な魅力を盛り上げ、その魅力が光り輝く事で、糸魚川のジオパークや様々な「食」が今まで以上に盛り上がりをみせると考えます。観光客や市民の目線に立ち「糸魚川南蛮エビ」を目的に、糸魚川の誇りにつながる活動へと繋げていきたいと考えます。

 当日まで、沢山の皆様からのご協力、ご声援ありがとうございました。

              ハイパーレジャー創造委員会委員長 伊井 浩太

企画概要

 糸魚川は素晴らしい自然環境に恵まれています。その中には数えきれないほどの、素晴らしい魅力があふれています。その素晴らしい魅力の中から、「たった一つの強烈な魅力」を創造し発信することにより、観光客、地元の皆様に分かりやすいまちづくりを目指し、交流人口の増加を目指す事が今の糸魚川に重要な事と考えます。

 従来の糸魚川のPRという広い間口ではなく、糸魚川=○○と分かりやすく明確に打ち出していく必要があります。「歴史」「自然」「レジャー」「食」「人」数多くの魅力がある糸魚川。私たちは、その中から観光客が最も興味のある「食」の分野に注目し、さらに、そのなかから「南蛮エビ」を選びました。比較的通年入手しやすく、大きさに関しては日本に誇れる大きさです。世界ジオパークに認定される特質な地形故に漁場が陸から近く、山々から流れる清流、冷たい雪解け水の恩恵を受けて育った南蛮エビ。見た目も祝い事を思わせる、真っ赤な「南蛮エビ」は見る人が、強烈なインパクトを感じること間違いないと考えます。

 皆さんが、一番興味をそそる「食」に目を付け、中央突破できる、強烈なひとつの魅力を創り出し、発信し、糸魚川の知名度のアップと交流人口の拡大を狙うことを考え本事業に至りました。

内容

スケジュール

  • 食べ比べ.bmp産地の違いを食べ比べて確認①日本一のまち糸魚川への期待
  • ②2月活動報告                            
  • ③南蛮エビ物語                     
    • 〈1〉磯谷様のお話(能生支所の漁師さん)       
    • 〈2〉Drive A Go Go(1月撮影)の上映          
  • ④糸魚川南蛮エビ 日本一の根拠           
    • 〈1〉新潟県水産海洋研究所での調査結果       
    • 〈2〉事前モニター調査結果(“街なかお披露目市”にて)
  • ⑤南蛮エビ「食」の可能性、価値、試食会
    • 〈1〉糸魚川産VS北海道産VS冷凍輸入
    • エビちゃん登場.bmp「ナンバー1」の掛け声と共に、エビちゃん登場!〈2〉寿司の試食
    • 〈3〉糸魚川産南蛮エビの「究極のメニュー」
  • ⑥創作料理の紹介
    • 洋食の鉄人 「南蛮エビのマリネ風」(カプリーノ)
    • 和食の鉄人 「南蛮エビの南蛮味噌和え」(かわせみ)
    • 和食の鉄人 「南蛮エビしんじょゆば包みエビ゙あんかけ」(すし廣)
    • 菓子の鉄人 「南蛮エビのキッシュ」(ナカシマ)

[外部協力]

 上越漁業協同組合、新潟県農林水産部水産課、新潟県南蛮エビブランド化推進協議会、
 すし廣、 ㈱ナカシマ、地魚料理 かわせみ、パブ&レストラン カプリーノ

[参 加 者] 

・来賓
  糸魚川市長 米田徹様、糸魚川商工会議所会頭 高瀬衛様
・出席者、及び団体一覧 (以下順不同)
  すし廣、 ㈱ナカシマ、地魚料理かわせみ、新潟県農林水産部水産課、糸魚川市商工観光課、糸魚川地域振興局振興課、
  糸魚川市議会議員 田原実様、糸魚川商工会議所、糸魚川市観光協会、能生町観光協会、上越漁業協同組合、
  糸魚川うまいもん会、新潟県南蛮エビブランド化推進協議会、寿司組合、まちの駅プラット、糸魚川温泉連絡協議会、
  糸魚川信用組合、糸魚川法人会、まちづくりサポーターズ、糸魚川ロータリークラブ、糸魚川中央ロータリークラブ、
  ハイヤー協会、糸魚川JCシニアクラブ、駅北まちづくり実行委員会、新潟県立海洋高校、上越タイムス社、新潟日報社、
  読売新聞、朝日新聞、㈱新潟総合テレビ(NST)、㈱新潟放送(BSN)、㈱テレビ新潟放送網(Teny)、
  ㈱三愛旅行社、㈱原信、㈱平塚、(名)マルニ林食品店、道の駅市振㈱タブの木、㈱能生町観光物産センター、
  ㈱後藤組、糸一印㈱糸魚川魚市場、㈱明星セメント、(資)紅久、フェルエッグ、居酒屋一作、麺家なりた、居酒屋多喜、
  居酒屋鶴丸、㈳糸魚川青年会議所      

(以上、出席者合計 109名)

関連リンク 

新潟県南蛮エビブランド化推進協議会
公益社団法人 日本青年会議所 ローカルファースト確立委員会
越後・糸魚川 南蛮1エビ プロジェクト
エビちゃん ブログ 日本一

x180-メディア掲載・出演情報.jpg