総務企画室| 2011 社団法人 糸魚川青年会議所 ~道~


井伊副理事長.jpg


        副理事長兼
        総務企画室 室長
             井伊 一道



 私たちJCはいろいろな業種、役職、立場、環境に置かれているメンバーで構成されている組織であります。だからこそ、現実の問題、課題を受け止め、明るい豊かな社会のために理想を語り、それに向かい行動しなければなりません。不況だからと嘆いているばかりでは、自分自身の成長はもちろん地域の活性化にもなりません。JCに入会したからには、今まで味わえなかったことに挑戦すべきであり、またその経験は必ず自分の成長に繋がると信じ、仲間と切磋琢磨し続けなければなりません。そして、自己を高め活き活きと表現する姿は、新しい仲間になるであろう人の心に必ず響くと信じています。自分自身はもちろんまだ見ぬ仲間と共に青年としての英知と勇気と情熱を持って、挑戦し続けなければ明るい豊かな社会は見えてこないのです。

 情報化社会の発展に伴い急速な時代の変化と共に活動していく私たち。常に明るい未来を創造し、この地域の未来を担うリーダーとして活躍する人材でなければなりません。そのためにも己を知り、自分に何が足りないかと危機意識を持ち、弱音を吐かず挑戦していく心を身につける必要があると感じます。「自分に関係ないから知らなくてもいいわ」と考える前に、まずは“一歩”を踏み出し挑戦してみて、見方も変えていかに活用するか、自分のものにするかを考えてみましょう。そこから生まれてくるアイデアは無限の可能性を秘めているのです。

 私たちはJAYCEEであると共に一社会人です。今青年期という貴重な時間をJC運動に費やしているのです。それと同時にJC運動で学んだことを会社、家庭、地域そして仲間に還元していくことも求められているのです。一人ひとり違った環境の中、仲間と切磋琢磨しつつ成長し、自信と誇りを持って自ら率先してJC運動をする輝く姿を見せてこそ、地域の人にわくわくするような夢と感動を与える団体だと思います。JC運動を通して、自分自身が参加、参画して体感することにより、得るものはもちろん、得ようとする心も必要と感じます。まずはメンバー自らがJC運動をすることが楽しい、わくわくするような環境を創りだすのも総務としての役割と感じます。

 踏み出せば、その一足が道となります。道を切り開くのは、自分自身であると感じ、一年間精進して参ります。