{Logo}250JCI糸魚川青年会議所.png{Logo}250JCI糸魚川青年会議所.pngヘッダメニュー_ホーム.pngヘッダメニュー_ホーム.pngヘッダメニュー_想い.pngヘッダメニュー_想い.pngヘッダメニュー_活動.pngヘッダメニュー_活動.pngヘッダメニュー_軌跡.pngヘッダメニュー_軌跡.pngヘッダメニュー_メンバー募集.pngヘッダメニュー_メンバー募集.pngヘッダメニュー_メディア.pngヘッダメニュー_メディア.png

HOME > 2013年の活動 > 5月例会「フィール アート ~子どもの感受性をより豊かに~」

5月例会タイトル.png

IMGP6217_R.JPGIMGP6217_R.JPGこの例会の趣旨を説明するFeeling委員会の岩﨑委員長。プロフェッショナルな芸術を通じて、子どもたちの感受性を豊に育みたいと活動するFeeling委員会。
初の委員会事業となったこの5月例会は、今後、芸術を活用する良さを広く伝播するために、糸魚川市内で青少年育成にかかわる方々に芸術の良さとその活用方法を知ってもらおうと企画、開催されました。
コンサートホールの素晴らしい音響を疑似体験できる場として会場に選定された「フォッサマグナミュージアム ホール」には、親世代を代表して市内の各幼稚園、保育園の保護者会会長や、行政の方々、そして芸術を活用して子どもたちの育成をされている総勢21名の皆々様が参列。
講師を務められた杉浦幸子氏(武蔵野美術大学 芸術文化学科 准教授 )のお話しを興味深く聴いていました。

見出し1.png

幼かった頃にであった絵本がアートの世IMGP6287_R.JPGIMGP6287_R.JPG講師を務められた杉浦幸子氏。界に入る切っ掛けとなり、現在は子どもの感受性を豊にするため美術館を活用する活動を展開されている講師の杉浦氏。子どもたちを美術館へと連れて行ったり、乳幼児を持つ親御さんへの美術館観賞の促進などを行いながら、「美術館で子どもとアートをつなぐ」をモットーに活動されています。
そうした経験から美術館では子どもたちの思うがままに、いろいろな刺激を五感(見る、話す、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう)で受信することが、豊かな感受性を育むには大切である。そして、美術館という非日常的空間での体験が記憶として積み重なり、豊かな想像力を生み、様々な事に対して好奇心を持つことに繋がるのだとお話しになりました。

見出し2.png

この例会のために杉浦が持参してきたこの作品。一見しただけでは誰がどのような想いで、どんな手法を使って描いたものなのかわかりませんが、実際に触ってみると・・・

IMGP6351_R.JPGIMGP6351_R.JPG杉浦氏が気に入って購入したというこの作品。IMGP6376_R.JPGIMGP6376_R.JPGとても繊細に描かれているものの、何を描いたものなのか分からないこの絵。IMGP6358_R.JPGIMGP6358_R.JPG間近で見てもどんな素材を使って描かれているのか分からない。
IMGP6365_R.JPGIMGP6365_R.JPG実際に作品に触れてみると素材の感触を実感できる。IMGP6384_R.JPGIMGP6384_R.JPG作者さんと電話で会話。10色の糸を使ったミシン刺繍で作製されている。IMGP6390_R.JPGIMGP6390_R.JPGこの作品は生物学者エルンスト・ヘッケルへのオマージュとして作製された。色鮮やかに描かれた生物標本に触発されたという。

見出し3.png

子どもたちの感受性を高める要素としてIMGP6311_R.JPGIMGP6311_R.JPG海外の美術館を事例に、感じる方法に正解はないと説明されました。まず必要なのは、自然(山、海など)に触れたり、体感すること。自然に満ち溢れた糸魚川は五感を刺激する環境としては最高の場であるとのこと。それとは対照的に、全てが人の手で創られ、見るや聴くといった限定された表現方法の中に作者の思いを詰めるのが芸術である。美術館で芸術に触れ、作者の意図を「想像する」「考える」といった動作をすることが感受性を豊かにするのであると解説されました。
また、美術館は決して敷居の高いものではなく、「よく見る」「探す」「テーマを決める」など、親子でコミュニケーションを取りながら楽しむことが理想的である。そして、子どもに良い刺激を与えるためにも「無理をさせない」「分からなくてもいい」「答えは無くてもいい」を心掛けて、それぞれの感じ方で芸術を楽しむことが感受性を育むことに繋がるのだとお話しになり、親子で美術館へ出掛けることを提唱されました。

PhotoGallery.png

IMGP6190_R.JPGIMGP6190_R.JPGIMGP6237_R.JPGIMGP6237_R.JPGIMGP6226_R.JPGIMGP6226_R.JPG
IMGP6278_R.JPGIMGP6278_R.JPGIMGP6427_R.JPGIMGP6427_R.JPGIMGP6336_R.JPGIMGP6336_R.JPG

Feeling委員会 5月担当例会

フィール アート ~子どもの感受性をより豊かに~

[日時] 2013年 5月10日(金)19:00~20:30
[会場]  糸魚川フォッサマグナミュージアム(ホール)

Feeling委員会インタビュー_5月.pngFeeling委員会インタビュー_5月.png

サイドバー_1月.png


サイドバー_2月.png

サイドバー_3月.png

サイドバー_4月.png


サイドバー_5月.png


サイドバー_6月.png

サイドバー_7月.png

サイドバー_8月.png



サイドバー_9月.png

サイドバー_10月.png


サイドバー_11月.png