ひとづくり室| 2015一般社団法人 糸魚川青年会議所 ~IMPACT~


斉藤誠司.jpg

        副理事長兼ひとづくり室室長
                          さいとう   せいじ
             斉藤 誠司


 現在の糸魚川市があるのは長きに渡り、その時代時代に活躍された多くの先人の方々のおかげです。この糸魚川市を更に輝かせ、次代へと引き継ぐのは我々の責任であると考えます。
 現在、全国的に少子化、人口減少による危機が叫ばれ、国をはじめ各機関、団体が対策を講じていますが、糸魚川も他地域と同様に少子化、人口減少によるまちの衰退の可能性が指摘されています。この問題に対し国や行政に任せるだけでなく、我々責任世代の集まりである青年会議所が真剣に取り組み、行動を起こすことで、この地域社会に『IMPACT』を与えることができるのではないでしょうか。
 私は2011年に糸魚川青年会議所に入会しましたが、時を同じくして家庭では一児の父親となることができました。日々の仕事に追われ多忙な時など、子どもの笑顔に力をもらい、家族の手助けで前向きに進んでいこうとする活力をもらっていると実感しています。私自身、結婚、そして新しく家族を持つということに対し当初は多くの不安を抱え、果たして自分にやっていけるのかと悩んだ時期もありました。ですが、その不安を打ち消すほどの喜びや楽しみが家族との生活にはあるのだと感じています。現在の未婚率の増加や出生率の低下には、結婚することに対しての不安や障害など様々な理由があるとは思いますが、「家族と共に暮らす日常の幸せ感」という大切なものを忘れてはならないと感じます。家族の大切さを自分自身も改めて考え、この問題に一石を投じ地域に訴求していきたいと考えます。 
 本年度は、山田理事長の下、多くの笑顔があふれる明るい豊かなまちを思い描き、微力ながら一年間邁進していきたいと考えます。何卒よろしくお願い致します。