まちづくり室| 2015一般社団法人 糸魚川青年会議所 ~IMPACT~


伊井浩太.jpg

        副理事長兼まちづくり室室長
                           いい  こうた
             伊井 浩太


 宝箱を開ける時、期待に胸を躍らせながら勇気を持ち、自身の経験や知識の引き出しをフル回転させ、その中身を想像します。素晴らしい感動を手に入れられる喜びとほんの少しの不安にワクワクしながら・・・。
 私は、糸魚川に帰郷をして、10年。そして、青年会議所に入会をして8年が経ちました。
当たり前に育った自分のふるさとへの感動を忘れることはできません。世界ジオパークに認定されるほどの素晴らしい風土。そして、奴奈川姫から続く伝統ある歴史。青年会議所や地域、仕事とプライベートでの仲間たち。様々な経験を通じるほど、光り輝くヒスイのように私の中で、輝いています。決して、色あせることのない輝きは磨き続けることでその輝きをよりいっそう増すことでしょう。
 このような、『IMPACT』を私自身に与えてくれた糸魚川青年会議所。携わらなければ決して感じえない感動。同じ強い想いを持つ仲間たち。この『IMPACT』は、私の中で深い「興味」という影響を与えてくれました。
 このふるさと糸魚川は、世界ジオパークに認定され、市外・県外はもとより、今では世界にその素晴らしさを発信しています。私自身、「糸魚川」が日本を飛び出し、世界に発信されている姿が誇らしく、私自身が影響を受けた素晴らしいふるさと糸魚川を感じる人が増えてもらいたい、このまちに「興味」をもってもらいたいと考えます。
 世界に向けて走り出している糸魚川ですが、私たち自身がこのチャンスを活かし切れていない現状があるのではないでしょうか。魅力的なこのまちを訪れる世界の人たちの事をあまりにも知らなすぎて海外の方に抵抗を感じています。それは、国際的な交流のチャンスはもちろんの事、交流人口の拡大にも繋がるチャンスを無駄にしているのではないかと考えます。自慢できる糸魚川をより多くの皆様に伝え、世界中の人と素晴らしいこのまちの魅力を共有していきましょう。
 また、糸魚川には300人余りの外国人が住んでいます。私自身が感じているようなふるさと糸魚川の魅力を同じように感じてもらうことができているでしょうか。この糸魚川を第ニの故郷として感じて頂けたら、私自身が味わった様々な感動を共有し、お互いに交流を図る事ができたら、より明るい豊かなまちへと光り輝くであろうと感じています。
 最後に、この糸魚川という宝箱は、熱い想いを持てば持つほど、素晴らしい宝物へとなり、素晴らしい感動を与えてくれる事でしょう。その宝物こそが、決して色あせることのない輝きを放つと感じております。宝箱を開けるのは自分自身です。手に入れる感動は、磨けば、磨くほど光輝きます。このまちの明るい豊かな未来の為に・・・。