グローバル観光委員会| 2015一般社団法人 糸魚川青年会議所 ~IMPACT~

グローバル観光委員会

片山.jpg
片山委員長




委 員 長
副委員長
幹 事
片山 良博
島田 直之
永江 宏徳         

■所信

 
 グローバルな視点で『IMPACT』のあるまちづくりを目指して。
 本年度3月14日、私たちの住むまち糸魚川の念願であった北陸新幹線がいよいよ開業いたします。北陸新幹線開業により首都圏へのアクセスが良くなることを千載一遇のチャンスと捉え、わがふるさと糸魚川の魅力「世界ジオパークに代表される自然」「糸魚川ならではの食」「元来糸魚川に受け継がれる田舎らしさ」を日本全国はもちろんのこと、世界に向けて発信することでより一層積極的に外国人観光客を呼び込み、交流人口の拡大、地域経済の発展に結びつけることが肝要です。
 現在、世界においてクールジャパン現象と言われる空前の日本ブームが起こっています。ここ10年での海外からの渡航者は約2倍となり、今後2020年の東京オリンピックの開催等、益々海外からのお客様が増えるでしょう。国の施策でもあるビジットジャパンキャンペーンの促進が確実に外国人観光客増加に効果が表れています。
 そこで、現状として糸魚川市近隣市町村に目を向けると、長野県白馬村においては冬季間だけでオーストラリアをはじめとする外国人観光客の滞在人口が3万人を超えており、現在でも海外からの交流人口は拡大しております。このような近隣の取り組みは、ふるさと糸魚川への手本となり、チャンスとなるでしょう。糸魚川にある様々な観光資源を再認識することはもちろんですが、日本人としては当たり前のことでも外国人観光客には新鮮に映るものが多くあるはずです。外国人観光客の関心に繋がる日本の田舎らしさや伝統、文化といった魅力を掘り起こし、発信することで交流人口拡大の可能性の幅が広がるように、市内外の先進団体と協働しながらJCとして積極的に運動をすることが必要です。加えて糸魚川へお越しになった外国人観光客に向けた受け入れ態勢を整え、訪れたいまちになれるよう、外国人交流人口拡大の一助となる活動をしてまいります。
 また、本年度JCI World Congressが金沢の地において開催されます。同じ北陸信越地区の金沢の地に世界中のJCメンバーが訪れる機会は、私たちのまちにとってまたとない大きなチャンスになるでしょう。青年会議所という繋がりを最大限に活用し、糸魚川を世界へPRして交流人口拡大への足掛かりとなるよう運動をしてまいります。
 最後に、糸魚川青年会議所は、創立以来まちづくり活動を通じて地域社会に深い印象と強い影響『IMPACT』を与えてまいりました。先人たちより築きあげられてきた地域の「たから」を大切にしながら、これからも地域社会の発展に向け邁進してまいります。そして、既成概念に捉われず若い力と情熱で新たな価値を創造し、糸魚川の魅力を世界へ発信することで、夢あふれる明るい豊かな糸魚川の実現を目指します。



■目的

 地域活性化のため外国人向けインバウンド分野に一石を投じ「交流人口の拡大」「外国人観光客誘客」に関する可能性を追求する。

■基本方針

  1. 外国人観光客に関するこの地域の現状や他地域の取組などを調査・研究し外国人観光客誘客の可能性を追求
  2. 地域資源の掘り起こし及びターゲットの絞り込みと観光プランの実行、検証
  3. JCI World Congress との連携とその機会を有効に活かす活動
  4. グローバル交流委員会と連携を図り、ふるさと糸魚川の良さを糸魚川市内外に発信

■事業計画および予算

時期 事業計画   予算
4月 担当事業 (第3号事業)  
9月 担当例会 (第3号事業)  
11月 担当事業 (第5号事業)  
通年 会員拡大     
       
     合計 ¥800,000