専務理事| 2015一般社団法人 糸魚川青年会議所 ~IMPACT~


本間加工.jpg

           専務理事
                          ほんま    ひろみち
             本間 寛道


 青年会議所(以下、JC)は、修練、奉仕、友情の三信条の下、自己を高めてくれる場であると感じています。私は、入会して9年になりますが、JC運動の中で様々な役割や役職を経験し、先輩方やたくさんの人との出逢いの中で、普段の生活の中ではできない多くのことを経験させていただきました。この経験は、JCだけでなく、仕事や家庭でも活かされています。そして、この会で得られる気づきやチャンスは、自己の成長に繋がっていると実感しています。
 本年度は、専務理事という大役を仰せつかるにあたり、私自身心に決めたことが二つあります。一つ目は、糸魚川JCがさらによくなるような、スムーズな組織運営を心がけるということです。二つ目はメンバーとのコミュニケーションを図りながら、前向きに、明るく楽しくJC運動に取り組める支えになることです。前向きに楽しんで活動することは、自分自身にもやりがいや、生きがいを感じますが、その姿は人から見ても影響を与えるのではないでしょうか。
 青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を目指すという共通の目的、目標の下、地域や社会の為に活動することはとても大切です。JC運動に対して、メンバー一人ひとりの考え方や、表現の仕方などは様々ありますが、この運動を通じて多くの経験ができることは、将来の財産となることは間違いありません。これらのことを、新入会員はもちろん、メンバーにも触れる機会を作り、これからのJCで活動していくための活力にしていきたいと考えます。そして、明るい豊かな社会の実現に向けて、私たちが率先して明るい豊かな人になる。そんな糸魚川JCを目指します。
 山田理事長の掲げるスローガン『IMPACT』の下、地域社会に深い印象、強い影響、大きな変化を与えられる組織であり続けられるように、専務理事として精一杯職務を全うしていきます。