総務委員会| 2015一般社団法人 糸魚川青年会議所 ~IMPACT~

総務委員会

木島嵩善.jpg
木島委員長




委 員 長
副委員長
幹事
木島 嵩善
松澤 優希
岩﨑 雅則               

■所信

 本年度、私は糸魚川青年会議所(以下、糸魚川JC)に入会をして4年目を迎えます。入会から3年間、この地域の明るい社会を想い行動する素晴らしい仲間から刺激を受け、JC活動に積極的に参加してきました。そして、40歳卒業、単年度制というJCならではの制度の下で様々な役割や役職を経験し、多くの気付きや学びを得ることができ、JCは多くの成長の場を与えてくれる組織であると実感しています。
 現在、糸魚川JCは在籍年数の短いメンバーが大半を占め、JC経験の浅いメンバーが委員長や副委員長などの役職を担う機会が増えてきています。私も入会2年目に事務局長、3年目に副委員長という役職を経験させて頂きましたが、当時を振り返ってみると、与えられた役職の役割や、会議運営・事業構築の進め方など、初めて経験する事に対して不安や悩みを抱えながら活動を進めていました。そのような時、アドバイスやヒントを与えてくれたり、時には厳しく指摘をしてくれたりと、活動がより良くなるために背中を押してくれたのが、JC経験の豊かな先輩方でした。これまで会の運営面を支えてこられた多くの先輩方がこの数年のうちに卒業を迎えます。このようにメンバーが絶えず新陳代謝を繰り返すJCという組織においては、メンバー一人ひとりがより会の運営に関して理解を深め、行動しやすい組織の基盤を作っていくことがとても大切なことだと考えます。
 まずは、メンバー一人ひとりに会の運営に対してより理解し、共通認識を持ってもらうため、会の現状のルールや仕組みを見つめ直し、それらに関する糸魚川JCならではの基本事項の作成を行います。そして、それを活かすと共に、メンバー一人ひとりの会議運営や事業構築についての知識や技術を磨いていけるような機会を設けることで、よりスムーズな会の運営に繋げます。また、総務委員会として、私たちの活動が地域に波及していくよう対内・対外広報活動にも力を入れ、情熱を持って各委員会の活動のサポートを行います。
 本年度、総務委員会では、時代や人が変わっても、この地域社会に『IMPACT』を与え続ける組織として更なる飛躍に繋がるよう、会の運営面の基盤整備を推進して参ります。
 まだまだ未熟ではありますが、一年間どうぞよろしくお願い致します。


■目的

 JCならではの制度を充分に活かした会の運営面の強化を図ることで、会のよりスムーズな運営に繋げる。

■基本方針

  • 1.各種フォーマットの見直し、会の運営に関する基本事項の作成を推進すると共
  •   に、全メンバーが共通認識できる場を設ける。
  • 2.現在、抱えている会議運営や事業構築に関する課題を調査し、必要なスキル
  •   を学べる場を設ける。
  • 3.会の活動を多くの方々に波及できるよう、明快な対内・対外広報活動を行う。

■事業計画および予算

時期 事業計画   予算
 1月  新年祝賀会  (第7号事業)  
4月 担当例会 (第6号事業)  
7月 委員会事業 (第6号事業)  
通年 セレモニー・総会の運営     
  各種表彰等     
  各種フォーマットの見直し、マニュアルの作成
   
  HP作成・運営    
  会員拡大    
     合計 ¥200,000