総務委員会
渡辺委員長
 
 
 
 委員長    渡辺 澄男
副委員長  伊井 浩太

副委員長  小坂 優太
 幹事   牧野 祥江

■所信       

 
 『POSITIVE』
 この言葉は、(一社)糸魚川青年会議所(以下、糸魚川JC)に入会する前の私には最も縁遠い言葉でした。何をするにもマイナスイメージで、その結果チャレンジしないまま現状維持を望み、人の陰に隠れて行動するような積極性の欠片もない自分。このような私に前向きな心境の変化を与えてくれたのは、糸魚川JCに入会したことがきっかけでした。
入会して間もない頃は、JCがどんなところなのか、なにをやっているのか全く解らずただそこにいるだけでした。今年で入会4年目を迎え、様々なメンバーと出会い、共に活動していることは私にとって常に刺激的で前向きになれました。また、JCに対する様々な知識や活動に対する想いを少しずつ理解できたことで、積極的に参加し、意見ができるようになりました。
近年、糸魚川JCは会員拡大の成果もあり多くのメンバーが入会したことで、新たな力を得ました。その反面、40歳で卒業というルールの中、これまで会を牽引してきたベテランメンバーが多く卒業されることも事実です。現在、糸魚川JCは在籍年数や経験年数の短いメンバーが会の大半を占めている現状の中、JCの目的に対する認識や、JAYCEEとしての知識・心構えに差があるように思います。このような状態で活動しても組織が活性化されず、組織の力を最大限に発揮できないのではないでしょうか。
組織の力を最大限に発揮するためには、「何のために活動しているのか」というJCの目的を理解すると共に、例会セレモニーや服装といった具体的なものから各役職の責務など、JCにおいて連綿と受け継がれてきた「決まり事」を学び身に付けることが必要です。目的を理解することで、メンバーそれぞれが独自の意見を発し、より活発な意見交換が行われるようになり、その結果導き出される結論も有意義なものになります。また、JCにおいての決まり事を学び身に付けることで、メンバー個々にJAYCEEとしての自覚が生まれ、責任感・使命感のもと、より率先して行動することができると考えます。
 本年度、総務委員会では、JCの目的を理解すると共に、JAYCEEとしての知識・心構えを学び身に付けることで、組織の更なる活性化を図り、組織の力を最大限に発揮できるよう取り組んでまいります。
一年間どうぞよろしくお願いいたします。
 

■目的

 
 組織の力を最大限に発揮するために、JCの目的を理解すると共に、JAYCEEの知識・心構えを学び身に付けることで、組織の更なる活性化を図る。
 

■基本方針

 
.JCの目的を理解できる場を設ける。
.JAYCEEとして活動する上で必要な知識・心構えを学び身に付ける場を設ける。