かちづくり委員会
委 員 長 佐藤 進哉
副委員長 松木美沙子
幹  事 小倉 祐紀

 
■所信
 私は2018年に(一社)糸魚川青年会議所(以下、糸魚川JC)に入会しました。JCにおける異業種に就く様々なメンバーとの出会いや活動は、私にとって新しい学びや成長の糧となっています。また、JC活動に積極的に参加するにつれて、大切な人が増えました。これからもこの大切な人たちと暮らしていく為に、この愛する糸魚川を人と産業が残る「価値あるまち」として残したいと強く想うようになりました。その為には、地域内で生産・供給されているものを購入し、経済活動によるお金の流れをより好循環させ自立したまちとして存続する必要があると考えます。
 仕事柄、私は住宅工事に目を向けることが多く、市外の業者が住宅工事を行っている姿をよく見ます。そして、自社に目を向けると、市内で購入できる材料さえも市外から購入しているものが多くありました。地域内の経済循環に無頓着のまま行う消費、これこそが地域からお金が流失していることであり、経済循環悪化の一因だと実感しました。
 そこで、当委員会では、私たちの身近な消費によるお金の流失に目を向け、糸魚川市民へ地域内の経済循環に対する意識醸成を図ります。当委員会の活動を、まずは糸魚川JCから展開し、そして市民へと繋げていきます。さらに市民の地域内における消費に対する意識を高める機会を設けることで、市民による地域内での消費が増え、少しずつ地域外へのお金の流失が減少すると考えます。ゆくゆくは個人消費だけでなく企業における消費の流失も減少し、経済循環は好循環に転じ、地域に残るお金は増えていくと考えます。そして、糸魚川の経済活動が継続的に成長すれば、糸魚川が経済的に自立したまちとなり「価値あるまち」へと繋がっていくのではないでしょうか。
 本年度、中林理事長が掲げる「CONNECT」のスローガンのもと、かちづくり委員会では、糸魚川市において他地域へお金が流失する要因を調査研究し、地域内の経済循環の向上を目指す活動を展開します。そして、糸魚川JCメンバーだけでなく糸魚川市民へ地域内の経済循環に対する意識醸成を図り、継続的に意識が高まる機会を設け、経済的に自立したまちとなる為の礎を築くべく活動に邁進いたします。
 一年間どうぞよろしくお願いいたします。
 
■目的
 糸魚川市民へ地域内の経済循環に対する意識醸成を図り、経済的に自立したまちとなる為の礎を築く。
 
■基本方針
1.地域内の経済循環の現状を調査研究し、経済循環が向上する意義と必要性を学ぶ。
2.地域内での消費に対する意識を高める機会を設ける。