9月担当例会
「いつ起こるかわからない災害に対し、地域のリーダーとして率先して行動しよう!」
開催御礼

 
【第一部】  
 9月7日に糸魚川商工会議所2階研修室にて、「メンバー一人ひとりが、有事の際の危機意識を高め、青年会議所メンバーとしての役割を再認識する」という部分にフォーカスを当てて糸魚川大火での被災の実態や、6名の先輩方より実際にボランティアセンターでどういった活動を行った等をインタビュー形式に動画を作成し、皆様にご視聴していただきました。

 
【第二部】
 9月25日に糸魚川駅北広場キターレにて開催した、9月例会アワー第二部では、糸魚川大火の際真っ先に現場に立ち駅北広場キターレの立上げにもご尽力された野村祐太様よりボランティアセンターの必要性や仕組みなどをご講演いただきました。他の地域での経験を交え、糸魚川でのボランティアセンターの重要性などをご講演いただきました。

 講演後、野村祐太様、野村卓也様、糸魚川市社会福祉協議会嶋田様・2016年度理事長を務められました松澤高志先輩からディスカッションいただき、糸魚川大火発生当時の混乱のなかでJCとして何を考え行動したのか、当時の糸魚川JCの動きを学び、糸魚川市社会福祉協議会様との連携の必要性を再認識できました。