総務委員会
委員長インタビュー
石塚 友和 委員長
 
 委員長    石塚 友和
副委員長  比後 龍賢

 幹事   長我部 宏行
 委員   谷村 康
 委員   渡邉 幸

所信       

 
 
 私は、2021年に(一社)糸魚川青年会議所(以下、糸魚川JC)に入会して3年目を迎えます。入会当初は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、対面での活動ができませんでしたが、そのような中でもリモート例会やWEBセミナーなどのJC活動へ積極的に参加し、新たな出会いや学びの機会をいただいたことで、成長することができたと感じています。そして今日までこのように活動ができてきたのは、今まで先輩諸氏の皆様が熱い想いを込めて地域課題に立ち向かって活動してきていただいたおかげだと改めて感じることができました。その想いをしっかり受け継ぎ、糸魚川JCの一員として自覚を持ち、さらに成長できるよう努めます。
 近年のコロナ禍により、リモートでの会議や例会が増え、第二例会などの懇親の場やシニアメンバー、他LOMとの交流ができる事業に参加する機会が少なくなっています。このような状況では、活発な意見交換ができず、多様な考え方にふれることも、新たな経験を積む機会も減少し、メンバーの成長を妨げる要因となると考えます。
 そこで、本年度総務委員会では、顔と顔を合わせた交流機会を増やし、メンバーが生き生きと活動できる風土を醸成します。また、メンバー一人ひとりにスポットを当て、輝いている姿を発信してまいります。そのため、以下の3つの柱に基づき活動を展開いたします。
 1つ目は、メンバーが交流し、一生涯の出会いに感謝しあえる体験ができる活動を推進します。JCは一生涯の出会いを創造する場であり、異業種の同年代が集まり、お互いの夢を語り交流することで、メンバー同士の人生を変え、成長しあえる体験を通し、JCのやりがいを共有できると考えます。また、例会や第二例会、対外事業など活動へ参加しやすい環境を作り、JAYCEEとして学びある「体験」ができる場を設けます。
 2つ目は、シニアメンバーとの交流を推進します。恒例となっている新年祝賀会や納涼会だけでなく、毎月の例会や事業へシニアメンバーの皆様が気軽に参加ができ、地域課題の解決を共に考えていく体制を整えます。そうすることで、糸魚川JCがさらに発展し、現役メンバーとシニアメンバーの垣根を越えた、公私にわたってご指導いただけるような関係をより構築してまいります。
3つ目は、糸魚川JC公式のSNS等で私たちの活動を多くの皆様に発信します。現在はデジタル社会で多くの人が情報を入手できる社会であり、そのなかでもSNSは目に留まりやすくたくさんの情報を収集できるものであり、地域のファンを増やす有効な手段であると考えます。また、なかなか参加ができない現役メンバーに対し、SNSを通じ活動を伝えることで魅力的な組織であると改めて感じていただけるようにし、シニアメンバーや他LOMの皆様にも糸魚川JCの魅力はもちろん、各委員会と協力し糸魚川自体の魅力も発信してまいります。そこで、現在糸魚川JCが使用している公式ホームページおよびFacebookやInstagramなどの現在使っているツールをより見やすく改善し、動画など新たなツールも用い、メンバー一人ひとりが輝き体験・活動している姿をより多くの皆様に向けて発信してまいります。 
 本年度、伊井理事長が掲げるスローガン「EXPERIENCE」のもと、メンバーが楽しみながら交流し、互いに成長を促し、JAYCEEとして学びの多い「体験」ができるよう精一杯努め、仲間と助け合い楽しんで活動してまいります。
 一年間、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

目的

 
JCでの交流機会を増やし、メンバー一人ひとりが輝き、地域に必要な組織となる。
 

基本方針

 
1.メンバー全員が交流し、お互いを高めあいながら成長し、多くの体験ができる活動を行う。
2.現役メンバーとシニアメンバーとの垣根を越えた交流ができる場を設ける。
3.SNS等でメンバーが輝く姿を対内外へ発信する。
 

 


2023年度 糸魚川JC組織図

 
2023年度 年間スケジュール