糸魚川青年会議所が誕生

1967年10月23日。
長岡青年会議所がスポンサーJCとなり、全国で362番目の青年会議所として誕生しました。

糸魚川青年会議所 認承証伝達式

 
 

主な事業内容
  中央大学 佐藤教授「地域開発研究会」開催
  第2回文化講演会 河盛好蔵氏 利根川裕氏

  献血実施
 
 

主な事業内容
  市議会傍聴
  献血実施(140名)
  「糸魚川の現状と未来像」アンケート調査報告書完成
  JCデー統一行事「家庭教育に関する市民集会」開催
  第三回文化講演会 木下順一氏

 
 

主な事業内容
  県政広聴の集い 県知事来糸
  市内青年学級生との座談会「住みよい街づくりについて」
  地区大会に於いて「社会開発推進賞」受賞
  農業問題についての勉強会
  献血実施(161名・110名)
  少年野球教室
  第4回文化講演会 高田好胤氏 牛尾治朗氏

 
 

主な事業内容
  献血実施(108名)「愛の献血運動」県知事より感謝状
  JCアジア青年の船
  ダークダックスチャリティーショー
  5周年記念式典
  「糸魚川市総合開発計画」についての相談会
  第5回文化講演会 小沢栄太郎氏 樋口昌弘氏
  家庭教育問題市民集会
    「親は子に何を伝え、子供は親に何を望むのか」

 

主な事業内容
  市民憲章、市歌、市の木、市の花について
         アンケートを実施 結果市長に報告
  北方領土返還街頭署名運動実施
  ブロック野球大会を主管
  駐車場問題アンケート冊子完成
  JCデー統一行事「ヤングフェスティバル」
  第6回文化講演会 坂本二郎氏
  献血実施(157名)

 
 

主な事業内容
  クリーン糸魚川運動展開
  「塩の道」現地調査
  JCスクール開校
  JCデー統一行事「オリエンテーリング」
  第7回文化講演会 中村メイコ氏
  市制20周年記念植樹(市民の庭)
  献血実施(174名・108名)

 
主な事業内容 
  JCデー統一行事
   「オリエンテーリングと姫川いかだ下り」
  第8回文化講演会 池田弥三郎氏
  献血実施(161名・194名)

第1回おまんた祭り

「♪みんなで踊ろうよ、ソーレソーレソーレソーレ♪」
糸魚川市民なら誰もが知っているおまんた祭りも、実は青年会議所が立ち上げました。
「おまんたー」、「ソレソレ」のお囃子で盛り上がる民謡流しや大花火大会など、市民総出で繰り広げられる夏祭りです。

1975 第一回おまんた祭り_1
 
1975 第一回おまんた祭り_2
 
 

主な事業内容
  竹原と兄弟(姉妹)JCを結ぶ
  献血延べ2000人目誕生
  ブロック野球大会優勝
  地区大会に於いて「特別活動賞」受賞
  母子家庭親子招待(地引網)
  第9回文化講演会 多潮輝氏
  新定款決定 

 
 

主な事業内容
  10周年記念式典
  経営セミナー「経営の拠点」開催
  市民憲章推進
  第10回文化講演会 森敦氏 野坂昭奴氏

 

主な事業内容
  JC婦人座談会
  新人オリエンテーション
  対外紙発行及び対内紙の発行
  商業実践大学
  事例講座(金融、労働問題、法律研究、税務)
  第11回文化講演会 松平康隆氏
  体力測定

 
 

主な事業内容
  3分間スピーチ
  蓮華塾
  ふるさと地図“糸魚川を歩こう”製作
  第12回文化講演会 吉岡たすく氏

 
 

主な事業内容
  ブロック野球大会優勝
  地域開発セミナー
  ふるさと遊び
  第13回文化講演会 草柳大蔵氏

 
 

主な事業内容
  ブロック会員オリエンテーションを主管
  マネージメントゲーム合宿
  第14回文化講演会 小沢昭一氏

 
 

主な事業内容
  糸魚川JC15周年記念式典
  新潟ブロック会員大会
  サマーシースクール開講
  大空健康マラソン

 

主な事業内容
  みんなで歌おう第9交響曲
  高速交通時代を迎える経営セミナー
  マネージメントゲーム合宿
  座禅教室
  第2回サマーシースクール

 
 

主な事業内容
  ふるさと指標の作成
  会員オリエンテーション
  第3回サマーシースクール
  上越圏首長サミット

 
 

主な事業内容
  マネージメントゲーム
  柏崎刈羽原子力発電所見学
  3世代交流ゲートボール大会
  塩尻市との青年交流
  第4回サマーシースクール
  JCパンフレット(会員拡大用)作成
  新入会員オリエンテーション

 
 

主な事業内容
  ミス・ヒスイコンテスト開催
  塩の道駅伝
  第5回サマーシースクール
  翡翠と日本文化を考えるシンポジウム

 
 

主な事業内容
  糸魚川JC20周年記念式典
  塩尻JCとの「姉妹JC」締結
  市民会議開催

 
 

主な事業内容
  24時間マラソンソフトボール大会
  公開例会(チャックウィルソン公演)
  「20周年の軌跡」ビデオ制作

 
 

主な事業内容
  観光地探索
  ふれ愛登山
  おまんた祭り15周年

 
 

主な事業内容
  セールオン“90
  ヨットクルージング
  糸西地域の海辺のシンポジウム
  社団法人取得

 
 

主な事業内容
  環日本海経済ミッション ソ連極東地域視察
  高校生ふるさとフォーラム
  相馬御風作詞目録稿出版

主な事業内容
  糸魚川JC25周年記念式典
  相馬御風「春よこい」詩碑建立
  人生劇場糸西青春編発行

日本海クラシックカーフェスティバル

「全国のクラシックカー・ファンよ、集まれ!」
毎年恒例となったクラシックカーレビューも糸魚川青年会議所が設立。
今では国内有数のクラシックカーの祭典として名高く、その人気も年々高まっております。

1992 日本海クラシックカーフェスティバル
 
 
 
 

主な事業内容
  江川ひろし話し方セミナー
  まちづくりシンポジウム
   「ゆめみらい2001」リーフレット作成
  統一クリーンデー
  姫川源流探索

 

主な事業内容
  地域ビジョンと糸魚川JCの接点 糸魚川JC全員会議
  糸西のあじわい実践 イトヨミニ水族館
  おまんた祭り20周年 船御輿新調
  まちづくりに於ける景観のあり方
       建築家  滝光男氏講演会

第1回姫川ポートフェスティバル

「日本一の港 姫川港」
2005年のポート・オブ・ザ・イヤーでグランプリを受賞した姫川港。その受賞理由の一つに毎年開催されている“姫川ポートフェスティバル”が盛況であることも上げられました。

 

主な事業内容
  プラスワン運動
  相馬御風顕彰事業 
    ミュージカル「カチューシャの唄」
  花咲く美しい故郷づくり「花いっぱい運動」
  7・11姫川豪雨災害復旧署名運動

 
 

主な事業内容
  ふるさと交流村
  柴田武氏講演会「糸西の方言から日本語を考える」
  国道148号完全復旧にむけて横断幕作成
  ブロック会員拡大褒賞

 
 

主な事業内容
  創立30周年記念式典
  わんぱく相撲 糸西場所
  日本青年会議所 村岡会頭LOM訪問
  心づくり講演会

 
 

主な事業内容
  ぬながわエコ・ビーチキャンペーン98
  渚のあるまちシンポジウム
  地域環境学習会

 
 

主な事業内容
  本気塾講演会
  奴奈川こどもエコクラブ 自然体験・記念植樹
  体験学習事業
「作ってみよう、食べてみよう、奴奈川の塩」

 

山口良治氏講演会「真の青少年教育とは何か」

映画・TVドラマ『スクール☆ウォーズ』のモデルとなった山口良治氏(京都市立伏見工業高校・ラグビー部総監督)をお招きし、学問的理屈によるものでなく、真実の体験と熱い志による講演会をビーチホールまがたまにて開催。
当日は268名の来場の中、「真の青少年教育とは何か」という事をご教授戴けた講演会でありました。


 

相馬御風 没後50周年記念事業

糸魚川が生んだ偉大なる文学者相馬御風。没後50周年を記念し、市内小学校21校の生徒227名から相馬御風が作詞した歌を題材にした絵画展を開催しました。
191作品が出展され、固定観念に捕らわれない子供らしいユニークな発想でのびのびと書かれた力作が集まりました。


 

わんぱく相撲奴奈川場所

市内の小学校4・5・6年生より28名の参加をいただき「わんぱく相撲奴奈川場所」を開催しました。
参加した子供たちには、国技相撲を通じて健康増進と礼儀作法、スポーツマン精神を培う事が出来ました。

みんなでなろう地域の先生(奴奈川版)

多くの奴奈川地域の大人達が地域の先生となって、人としての心を子供達に伝えていくことの大切さを理解し、行動してもらえるガイドブックを1500部作成。
市内の小学校やPTAに配布しました。

 

 

自ら築こう未来の奴奈川 ~今、NPOの風が吹く~

田尻佳史氏(日本NPOセンター)をお迎えし、これからのまちづくりにおいて、NPOがどんな役割を果たすべきかにつての講演会を開催しました。
地域主権型社会という基盤を確立させる為に、まちづくりのあらゆる団体、又住民が協力・協調関係を深め行動していく事の重要性を再認識する講演でした。

ぬながわフィルム・コミッション

「糸魚川の魅力を全国に発信!」
この年に撮影されたVシネマ「北の狼」のロケ地はなんと全て糸魚川市内。
地元糸魚川のオールロケにより作製された作品を全国の映画ファンにPRしました。

 

萩原健一さん主演のテレビドラマの撮影風景

 

社団法人 奴奈川青年会議所
    創立35周年記念事業

創立35周年を迎えるにあたり、これまで(社)奴奈川青年会議所の活動の歴史を顧み、先輩諸氏への敬意の念を表すと同時に、2002年度の周年への取り組みを来賓諸氏方々に理解してもらい、21世紀のJC活動のビジョンの位置づけを明確化しました。
また、記念講演では映画監督の崔洋一氏をお招きし講演会を開催しました。

 

黒川光博氏講演会

創業480年の歴史と伝統を誇る虎屋17代当主 黒川光博氏をお招きし、講演会を開催しました。
黒川氏の人間的魅力にふれ、青年経済人としての人間力創造を図り、企業が末永く繁栄する秘訣について講演を頂きました。


 

宮崎一俊氏講演会

平成13年に磯部中学校男子バレー部を全国中学校大会第3位に導いた顧問 宮崎一俊氏をお招きし、講演会を開催しました。
全校生徒わずか数十名の学校に属するバレー部がいかにして全国大会3位まで上り詰めた要因とはなんだったのか、親と学校の密接な関係等、地域の大人はどのようにあるべきかについてをご講演いただきました。

第34回 新潟ブロック協議会 会員大会
 新しい価値観創造委員会 委員長:安田 貴志

2004年9月11日。糸魚川の地でブロック会員大会が開催され、県内各地より約850名のJCメンバーが集い盛大に執り行われました。
ミニライブでは「会いたい」でお馴染みの沢田知可子さんをゲストにお招きし、7.13水害で被災された皆様に元気や勇気、そして感動を与えるライブとなりました。

37_01.jpg 37_02.jpg 37_03.jpg 37_04.jpg 37_05.jpg
 

キャンプだよ全員集合
 人づくり委員会 委員長:猪又 健

子供達に自立性や協調性を鍛練できる体験事業を行う事を目的に、森林公園 高ノ峯プラトーでキャンプ体験を実施しました。
当日は36名の子供たちがキャンプに参加し、テント張りや火の起こし方、飯盒でのご飯の炊き方など、子供達は初めての経験に目を輝かして取り組みました。

 

~新奴奈川~「輝け!少年野球教室」

「輝ける野球少年たちへ!」
この年の5月に開催された少年野球教室には、プロ野球の選手なども交え晴天の中楽しく行われました。市内の野球少年たちはプロ野球選手から直接指導を受けることができました。

2005 少年野球教室

 

『新市糸魚川リーダーズ フォーラム』~まち創造を自らの手で~
 ビジョン創造委員会 委員長:川瀬 豊

新しい奴奈川のビジョンを創造する為の第一歩として、新市の『まちづくりリーダー』のこれからの『糸魚川の創造・まちづくりへの想い』を多くの市民に聞いて頂く事を目的にリーダーズフォーラムを開催しました。

38_02.jpgリーダーズフォーラム 38_021.jpg 38_022.jpg
 

新市誕生記念 糸魚川横断 未来の架け橋ウォーキング
 「真」(こころ)の輝き推進委員会 委員長:水沢 真紀子

合併して広くなった故郷 糸魚川市を縦断するウォーキングを、126名の方々に参加体験していただきました。
新しい糸魚川市の子供たちに交流の場を提供し、歩き通したことでしか味わえない達成感、さらには新たな発見や気づきを子供達自らの力で感じてもらい、健全な青少年育成を目的として開催しました。

 

 

新奴奈川地域「真」(こころ)の絆創造を目指して
 「真」(こころ)の絆創造委員会 委員長:加藤 康太郎

「このまちを良くしていきたい」と願う志を同じうする者として、新奴奈川地域の創造を目指せる「真」通じ合う絆(人間関係)をつくる事を目的に、ゾマホン・ルフィン氏をお招きして講演会と座談会を開催。
70名を超える方々と新しい志が縁で繋がる「志-縁」を結成しました。

 

 

米楽園(My Land)
 『共創・絆・まち』づくり委員会 委員長:東野 恭行

「糸魚川発 “仮想まちづくり村プロジェクト”」
地域の魅力を再認識しようと、メンバーと市民が協力して1年間かけて米作りを体験した事業です。1年かけて作った糸魚川産のお米の良さに気付き、人と人との絆の大切さや地域の魅力をさらに再認識しました。   

 
39_01.jpg 39_02.jpg 39_mairan.jpg 39_03.jpg
 

~野球少年を持つお父さん、お母さんのための講演会~
  「夢」明日につながる第一歩
 いきいき「夢」実践委員会 委員長:林 哲也

日本ハムファイターズで活躍された元プロ野球選手 広瀬 哲朗氏を講師に迎え、「夢」をテーマに子どもたちが自分自身の「夢」に向かい、目標を立てて突き進む事の大切さを問う講演会を開催しました。

創立40周年記念事業 姿即心「野球道」
 青少年スポーツ交流委員会 委員長:伊藤 栄信

野球を通して親子の関係を見つめ直し、地域少年スポーツの更なる活性化を目指しまし開催されました。
元プロ野球の皆様を特別コーチとしてお迎えし、野球に親しむ子どもたち、そして地域の少年野球関係者の皆様に、プロならではの練習方法を実践していただきました。

40_012.jpg 40_013.jpg 40_014.jpg 40_01.jpg

 

社団法人 奴奈川青年会議所
    創立40周年記念事業
 40周年記念式典実行委員会 実行委員長:木島 元生

40周年という節目の年を迎え、諸先輩方々が築き上げてきた歴史、実績を継承して行くこと。
それと共に今の時代に合わせて変わってゆくもの、変えてゆかなければならないこと。
これまで歩んできた40年の歴史を振り返り、夢ある未来に向けて新たなJCの第一歩を踏み出すことを誓いました。

 
 
40_021.jpg 40_02.jpg 40_023.jpg 40_024.jpg 40_025.jpg 40_026.jpg
 

エキマエニ COME ON!
 CREATIVE委員会 委員長:赤野 隆造

若者の手で、糸魚川駅前に賑わいを取り戻そうと企画されたこの事業。
屋台が立ち並ぶ夏まつりの風情に、ダンスや音楽など若者ならではの要素をふんだんに取り入れたイベントは大成功を収めました。その志は「ELC若者まちづくり」に引き継がれ、今もなお「エキカモ」の愛称で親しまれ毎年継続して開催されています。

 
40_031.jpg 40_032.jpg 40_033.jpg 40_034.jpg 40_035.jpg 40_036.jpg
 

創立40周年記念事業 姿即心「サッカー道」
 青少年スポーツ交流委員会 委員長:伊藤 栄信

スポーツを通して親子の関係を見つめ直し、地域少年スポーツの更なる活性化を目指す。
“世界のリフティング王”こと土屋健二氏を講師に、野球に続いてサッカーでも親子の交流を図りました。

40_041.jpg 40_042.jpg 40_043.jpg 40_044.jpg
 

大人が変われば子供も変わる
 未来の「心」創造委員会 委員長:藤巻 道隆

子供は大人を見て育ちます。
「自分さえ良ければいい」「迷惑かけなければ何をしてもいい」という、“大人の欲”や価値観を抑制できる美徳の心を、我々大人たちに浸透させることが最も重要であると考えました。
そこで、大人の悪い面を強調した啓発ポスターの掲示などを行い、本来、子どもたちの手本、指針となって美徳の精神を教えていかなければいけない大人たちの教育力向上を目標しました。

41_012.jpg 41_013.jpg 41_014.jpg 41_01.jpg

 

エコステーション実験事業
 まちづくり委員会 委員長:恩田 大士

中心市街地の活性化を目的に、飲食・購買以外の機能を持たせ、市街地における回遊性を高めようと企画された事業。
空き缶や使用済みペットボトルの回収機を設置し、中心市街地に多くの人が集まる拠点「エコステーション」の実現を目指しました。

 

リーダーズフォーラム2009
 総務委員会 委員長:水沢 真紀子

マニュフェスト及びその重要性を広く市民に訴えることを目的に開催されたパネルディスカッション。
その年に実施された糸魚川市長選挙に向けて、候補者の思いを市民に知っていただける内容となりました。


 

青年の大成・コーチングセミナー
 「青年の大成」推進委員会 委員長:岩﨑 智

糸魚川に暮らす青年が、それぞれの「思い」を実現できるような「人財」になるために・・・
そんな願いを実現できるようにと、市内在住の青年たちも交えて2回に分け開催されたスキルアップセミナー。
「コーチング」というコミュニケーションツールを学び、リーダーとして必要なスキルを磨きました。

42_04.jpg 42_041.jpg

 

「食育のすすめ」~大切なものを失った日本人~
 いといがわ「食育」推進委員会 委員長:井伊 一道

ふるさと糸魚川が誇る「食」の素晴らしさを、市民の皆様に改めて知っていただこうと企画された6月例会。
地元で捕れた魚を親子でさばく「親世代 子世代 料理体験」や、地域の伝統食を味わえる「郷土料理試食会」。
そして、『食育』に精通する服部 幸應氏の講演会と盛りだくさんの内容で開催されました。

42_05_1.jpg 42_05.jpg 42_05_2.jpg 42_05_3.jpg 42_05_4.jpg 42_05_5.jpg
 

「おまん茶会」~会話から始める楽しい交流会~
 「安心・安全」育み実践委員会 委員長:山田 陽介

高齢者の方々に明るく元気に過ごしていただけるよう、「人と人」とのつながりや、「楽しみ」のつながりが増すようにと企画された事業。
明るく前向きな気持ちをもっていただこうと、若者から高齢者の方々まで楽しめる様々な企画を用意して実施されました。

42_06_01.jpg 42_06_02.jpg 42_06.jpg 42_06_03.jpg

 

パパ大好き! 親子で遊ぼ! 夏休み!
 親子deチャレンジ『おてて絵本講座 』
 「子ども」育み支援委員会 委員長:田原 敏弘

NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤 哲也氏と、新潟市在住の絵本作家兼おてて絵本普及協会会長のサトシン氏をお招きして開催した講演会。
お二方の子育て論を盛り込んだトーク、ロックテイストな “絵本ライブ”、そして創造力をかきたてる“おてて絵本”と、親子で参加しながら楽める内容でした。

42_07_01.jpg 42_07.jpg 42_07_05.jpg 42_07_04.jpg 42_07_03.jpg

 

ハチドリのひとしずく「できることから始めよう」
 「青き清き環境」推進委員会 委員長:橋立 潤

環境運動家、文化人類学者としてご活躍なさっている辻 信一氏を講師にお招きして、環境を守ることの大切さを訴える講演会を開催しました。
辻氏の筆書「ハチドリのひとしづく」を題材にして、小さなことの積み重ねが自然や環境を守ることに繋がるのだと気付かされる講演会となりました。

42_08_02.jpg 42_08_01.jpg 42_0080.jpg

 

「I LOVE ITOIGAWA」
 ~親子で糸魚川を遊び尽くせ~
 「糸魚川ジオパーク」推進委員会 委員長:松下 大輔

「世界ジオパーク認定記念 ジオパーク祭り」
糸魚川が誇るジオパークの魅力を、見て、味わって、体験して、思う存分に満喫できるイベントを開催しました。 
また、24カ所のジオサイトをイメージして創作された「ライスボウル」も会場内で初披露され、沢山のご来場者にご堪能いただきました。 

42_09_03.jpg 42_09_01.jpg 42_09.jpg 42_09_02.jpg 42_09_04.jpg
 

越後・糸魚川 南蛮1エビ プロジェクト
 ハイパーレジャー創造委員会 委員長:伊井 浩太 & NEXTいといがわ発信委員会 委員長:恩田 大士

糸魚川に全国ナンバー1の魅力を作り出す。
誰もが不可能と思ったこのプロジェクトですが、今では数々の賞をいただき、学校の授業に参加するほど認知されています。
糸魚川にお出かけになった際には必ず食べていただきたい甘くて新鮮な南蛮エビ。
その活動は現在も続いており、テレビ出演等も精力的に行っています。今後も彼らの活動に注目です!

43_02_03.jpg 43_02_02.jpg 43_02.jpg 43_02_04.jpg 43_02_01.jpg

 

TV番組
 『NEXTいといがわ』~僕らが開く 明日への扉~
 NEXT人づくり委員会 委員長:松澤 高志

「自分の住む地域を地方だと思った瞬間に負けが決まる。」
この言葉は、㈱ジャパネットたかたの代表取締役である髙田明氏が持つ信念の一つです。
『新しいUターン活性化』をテーマとして、今後、糸魚川から旅立つ高校生を中心とした世代に故郷の良さを改めて実感していただきたいと考え、「望郷の起爆装置」を発信するテレビ番組を高校生と一緒に作成しました。

43_03.jpg 43_03_03.jpg 43_03_02.jpg 43_03_04.jpg 43_03_06.jpg 43_03_05.jpg
 

会員拡大率で全国1位!!
 NEXTブレーン拡大委員会 委員長:小川 節雄

2010年度の(社)糸魚川青年会議所では、新しい価値観を持った数多くの若者をメンバーとして迎え入れることをを目指しました。
その担当を受け持ったNEXTブレーン拡大委員会と各メンバーの弛まぬ尽力により、30名もの新しい仲間が入会。
その結果、日本全国に704(当時)ある青年会議所の中で、2010年度の会員拡大率1位(40人~65人部門)を獲得することができました。

43_04_03.jpg 43_04_01.jpg 43_04.jpg 43_04_02.jpg
 

おとなたいけん ~豊かな心を育もう~
 ―Akiramenai Kansha Omoiyari―
 子どもの未来への「道」創造委員会 委員長:笠原 信和

『今の子どもは・・・』と言いますが、変わったのは子どもではなく、育つ環境であると考えます。
今子どもたちに必要なこと。
それは実体験を通じて最後までやり抜き(=あきらめない心)、親や大人の大変さ・有難さを感じ(=感謝する心)、実生活においても親や周りの人の立場を理解すること(=思いやる心)であると考えました。
そこで、子どもたちが親や大人の仕事を本気で体験することで『豊かな心』を育てる事業を3月と8月に開催しました。

44_01_01.jpg 44_01_02.jpg 44_01_03.jpg 44_01_04.jpg 44_01_05.jpg

 

『己を律する心』~江戸しぐさから学ぶ~
 かっこいい「大人道」探求委員会 委員長:比護 英美

「共により良く生きる」「人間関係を円滑にする」ための知恵。
先人達が“自分も他人も嬉しくなる行動”として日常的に振る舞っていた「江戸しぐさ」を通して、子どもたちの手本となるべき地域の大人たちに『己を律する心』の大切さを伝えました。

44_02_01.jpg 44_02_02.jpg 44_02_03.jpg 44_02_04.jpg 44_02_05.jpg

 

I・W・G・P
 (糸魚川・若者・がんばろー・プロジェクト)
 地域の「誇り」推進委員会 委員長:本間 寛道

糸魚川の地で生活する若者と青年会議所が一緒になり、糸魚川地域の若者が、地元・糸魚川を好きな「糸魚川ファン」となってもらう為スタートしたこの企画。
須沢臨海公園のドームなぎさにて行われたイベントでは、約20名の地域の若者が自らイベントを設え、大成功を収めました。

44_03_01.jpg 44_03_02.jpg 44_03_03.jpg 44_03_04.jpg 44_03_05.jpg 44_03_06.jpg
 

社団法人 糸魚川青年会議所
    創立45周年記念事業
 創立45周年実行委員会 実行委員長:猪又 基博

2012年9月8日(土)。2012年9月8日(土)。1967年に創設された糸魚川青年会議所の誕生から45周年を記念して、記念式典・記念事業(会場:ビーチホールまがたま)、記念祝賀会(会場:ホテル國富アネックス)が開催されました。
当日は来賓21名、シニアメンバー31名、県内外より249名のJCメンバー、そして103名の市民の皆様からご来場いただき、45年の節目となる事業が盛大に執り行われました。

45_01_01.jpg 45_01_02.jpg 45_01_03.jpg 45_01_04.jpg 45_01_05.jpg
 

糸魚川田舎体験ホームページ
      「If(Itoigawa Feeling)」
 糸魚川広報委員会 委員長:島田 直之

来たるべく北陸新幹線開業を視野にその沿線地域をターゲットに見据えて、交流人口拡大からの地域経済活性化を目指した糸魚川広報委員会のホームページ。
委員会が編み出した人と人との繋がりを重視した「ヒューマンネットワーク」を軸にして、魅力的・衝撃的・的確な広報戦略をキーワードに、四季折々に変化の富んだ糸魚川の体験型観光をPRしました。


 

If(Itoigawa Feeling)魅力体感バスツアー
 糸魚川企画委員会 委員長:岩﨑 雅則

2014年度の北陸新幹線開業を間近に控え、「交流人口拡大からの地域経済活性化」を目指して体験型観光を軸に活動した糸魚川企画委員会。糸魚川市内で実際に体験型観光を行っている関係各位のご協力を得て、体験型観光スポットを巡るバスツアーを模擬的に実施。
糸魚川ならではの魅力を体感できたのは勿論のこと、今まであまり知られていなかった郷土の隠れた魅力を再発見することにも繋がりました。

45_03_01.jpg 45_03_02.jpg 45_03_03.jpg 45_03_04.jpg 45_03_05.jpg 45_03_06.jpg
 

子どもの自然体験 みちくさ遠足
 「ACTION」ひとづくり委員会 委員長:恩田 大士

「発想力」「創造力」「協調性」
「ACTION」ひとづくり委員会では、自然体験を通じてこの3つの力を育む活動してまいりました。
7月に開催された本事業は、子ども達に自然の良さや楽しさを自然の中で感じてもらいながら、子どもたち自身で乗り越える力を育むための礎を築く目的で開催されました。
森林公園高ノ峰プラトー周辺を舞台に、生憎の炎天下に晒されながらもしっかりと歩を進める子どもたちの姿がとても印象的な事業でした。

45_04_01.jpg 45_04_02.jpg 45_04_03.jpg 45_04_04.jpg 45_04_05.jpg 45_04_06.jpg
 

(公社)日本青年会議所 北陸信越地区 新潟ブロック協議会
 ブロック会長 第6エリア公式訪問
 会員交流委員会 委員長:吉川 雄太

会員交流委員会では、2013年度 公益社団法人日本青年会議所並びに北陸信越地区 新潟ブロック協議会の基本方針をメンバーそれぞれが理解する事は、また、(公社)上越青年会議所、(一社)妙高青年会議所、(社)糸魚川青年会議所で構成される“新潟ブロック協議会第6エリア”間での情報共有や、各青年会議所メンバー同士のコミュニケーションを図ることも重要であると考え、第6エリアを代表して糸魚川JCが主管となり、エリア内での交流を図りながら、今年一年の青年会議所活動への参加・参画意欲に繋がるよう開催いたしました。

46_01_01.jpg 46_01_02.jpg 46_01_03.jpg
 

みんなでわくわくやりたいほうだい
 Creative委員会 委員長:斉藤 誠司

Creative(クリエイティブ)委員会では、物事を思い描く力をより強くするために、自由な発想での創作を通じて創造力を育めるような活動を行いました。
6月に開催された本例会では、子ども達に絵の具で遊びながら楽しく面白く創作活動に取り組んでいただき、家庭に帰っても継続的に取り組んでいただくことを目的に開催されました。
巨大なキャンパスに、子供たちが手や足、色々な道具を使って描いた絵。家庭ではなかなかできないアクションペインティングで素敵な笑顔と楽しい思い出がたくさんできました。

46_02_01.jpg 46_02_02.jpg 46_02_03.jpg 46_02_04.jpg 46_02_05.jpg
 

はじめてのびじゅツアー
 Feeling委員会 委員長:岩﨑 護

Feeling(フィーリング)委員会では、物事を思い描く力をより強くするために、研ぎ澄まされた芸術に触れてもらい子どもたちの感受性を育めるような活動を行いました。
8月に開催された本事業では、実際に美術館を体験してもらうため、長野県北安曇郡松川村にある「安曇野ちひろ美術館」を会場に開催。糸魚川市内の保育園・幼稚園の親子を対象にしてバスツアーの形式で実施されました。
子どもたちが真剣に作子どもたちが真剣に作品と向かい合っている姿が印象的でした。子ども目線に立った鑑賞方法や、「探す」のようなテーマを設定することが大切であることを教えていただきました。

46_03_01.jpg 46_03_02.jpg 46_03_03.jpg 46_03_04.jpg 46_03_05.jpg 46_03_06.jpg

 

海の魅力発信!明るい未来のために
渚委員会 委員長:倉又 康

渚委員会では、海岸浸食の問題に取り組む事で、まちの人々に郷土を愛する心を再認識していただく事、また、他地域に誇れる糸魚川を目指して活動を行いました。
8月に開催された本事業では、糸魚川市内の海岸で糸魚川の海の魅力を伝える映像の撮影会が行われました。
糸魚川市の海岸線で空撮を行いましたが、非常に多くの皆様からご協力いただきました。糸魚川の海とマルチローターに向かい手を振る皆様の笑顔が印象的でした。

46_04_01.jpg 46_04_02.jpg 46_04_03.jpg 46_04_04.jpg 46_04_05.jpg
 

伝える力で自分の可能性を最大限に引き出そう!
会員向上委員会 委員長:綱島 亮

会員向上委員会では、コミュニケーション能力を向上し、相互理解を深め、メンバー間のつながりをより濃くすることで、会の活性化を図ることを目的として活動しました。
5月には、講師に浅田梢先生をお招きし、セミナーを行ないました。【誤解の少ない伝え方】【受け取り やすい伝え方】【自分を開き、思いを伝える】を先生に説明し ていただき、その後にメンバー同士で実際に体験・実践しそ の効果を実感すると言う形式でした。
浅田先生の丁寧でわかりやすい説明もあり非常に内容を理解しやすいセミナーでした。

47_01_01.jpg 47_01_02.jpg 47_01_03.jpg 47_01_04.jpg
 

ガッチャレ!海賊団!!+ONEピースを探せ
+ONEひとづくり委員会 委員長:中林 友幸

+ONEひとづくり委員会では、子どもたちが大人になった時、壁を乗り越えるために、達成感を得られる事業を通じて自信を持ち、新たな壁へ一歩踏み出す心を育むことを目的に活動しました。
8月には、普段なかなか経験できない体験ということで、子供たちはイカダ作りにチャレンジしました。悪戦苦闘しながらもイカ ダを仲間と創り上げ、そのイカダに乗って海に出ました。宝探し等の要素も加えた本事業を通じて、子供たちには、チャレンジする事の楽しさを感じ、いつまでも心に残る体験をしてもらえたと思います。

47_02_01.jpg 47_02_02.jpg 47_02_03.jpg 47_02_04.jpg
 

七夕は笹ずしの日 糸魚川笹ずしグランプリ2014
+ONEまちづくり委員会 委員長:小林 亮介

+ONEまちづくり委員会では、今後の観光の礎につなげるため、地域の食文化を見つめ直し、その魅力を多くの人に知ってもらい、ふるさと糸魚川を愛する気持ちを醸成することを目的に活動を行いました。
7月に開催された本事業では、西海・根知・能生・早川の糸魚川の4地区の笹ずしを楽しむことが出来る、さらには笹ずしを中心に、糸魚川の伝統料理も楽しむことが出来る様設えさせていただきました。当日は、大変多くの皆様からご来場いただき、笹ずしと伝統料理を美味しそうに食べていたのが印象的でした。投票の際も、皆様甲乙つけがたいと悩んでおられ、各団体の活動の励みになったのではないかと思います。

47_03_01.jpg 47_03_02.jpg 47_03_03.jpg 47_03_04.jpg 47_03_05.jpg
 

見つめ直そう!会議運営の在るべき姿を
総務委員会 委員長:木島 嵩善

総務委員会では、時代やメンバーが変わっても最高のパフォーマンスを発揮できる組織体制の基盤づくりをおこなうことでこの地域社会に「IMPACT」を与え続ける組織として活動をおこないました。4月例会では『事業構築』に関するセミナーとして、事業の構築方法の基本を行いました。より地域にインパクトを与える事業ができるようになること、そして、事業実施に至るまでの過程をよりスムーズになることを目指しました。7月例会では、『会議運営』に関するセミナーです。日々のJC活動の中心であり、様々な事業や活動が生み出される委員会の会議運営をより効果的・効率的に進めるためのスキルを学ぶ機会として設けました。

48_01_01.jpg 48_01_02.jpg 48_01_03.jpg 48_01_04.jpg
 

「青年よ 情熱を胸に奮い立て」~上田博和氏講演会&名刺交換会・交流会~
組織活性委員会 委員長:大島 栄穀

組織活性委員会では、2月例会で「青年会議所の活動に対する目的意識を持つことの大切さを感じ、まずは、委員会から活性する事で、組織の活性へと繋がっていくと考え、メンバー一人ひとりが各委員会の目的をしっかり理解し、その目的に近づくために自分には何が出来るのかと自ら考え目標を掲げ、コミットメントしていただきました。
また5月例会では、小田原JCシニアの上田先輩を講師としてお招きし、今回の講演会でも「あきらめない」「やると決意したら最後までやる」「無関心から関心を持つ事」「利他の心」といった貴重なお話を聞くことができ、1年間通じて素晴らしい会員拡大、組織活性に繋がっていった例会となりました。
 

48_02_01.jpg 48_02_02.jpg 48_02_03.png 48_02_04.jpg 48_02_05.jpg
 

広げよう!糸魚川おせっかいネットワークの輪
絆委員会 委員長:青木 竜児

絆委員会では、3月例会に糸魚川JCメンバーが人口減少・少子化問題の実態と糸魚川市の実態を学ぶ場として「学ぼう!人口減少・少子化問題の実態」を開催しました。その後に、婚活イベントへの参加やイベントの開催、市内独身者へのアンケートなど、出会いの創出事業に向けた調査を実施しました。8月事業に婚活コンサルタントでNPO法人花婿学校代表の大橋清朗氏をお招きし、講演会&セミナーを開催しました。10月例会では、「市内の結婚を望む独身者を後押ししたい。」そのためには、独身者の婚活を地域一体となって応援する『osekkai(おせっかい)』が必要だと考え、その運動を広めるきっかけとなる機会として開催されました。
 

48_03_01.jpg 48_03_02.jpg 48_03_03.jpg 48_03_04.jpg 48_03_05.jpg 48_03_06.jpg
 

ITOIGAWA国際フェスDE異文化交流
グローバル交流委員会 委員長:今井 圭太

グローバル交流委員会では、3月14日の北陸新幹線開業イベントと同日、糸魚川市民に外国文化への興味や関心という切り口で、糸魚川市内には22か国300名以上の在住外国人が住んでいるということやその国の文化を知っていただく事業を開催しました。多くの方々から来場していただき、外国文化に触れていただくことができました。6月例会では、「異文化交流DEワールドビュッフェ」と題し、諸外国の料理を囲みながら、在住外国人の方々との交流機会を設けました。11月事業では、10月31日のハロウィンに合わせて、糸魚川に住む海外出身者の方々と一緒になって設営運営する「ITOIGAWA国際フェスDE異文化交流」を開催しました。こちらも糸魚川で野外では初となるハロウィンのイベントとなり、お越し頂いた皆様には、異文化・外国の方々との交流を肌で感じていただけたものとなりました。
 

48_04_01.jpg 48_04_02.jpg 48_04_03.jpg 48_04_04.jpg 48_04_05.jpg 48_04_06.jpg 48_04_07.jpg 48_04_08.jpg 48_04_09.jpg

 

世界に糸魚川を発信~JCI World Congress in 金沢
グローバル観光委員会 委員長:片山 良博

グローバル観光委員会では、2月事業で白馬岩岳スノーフィールドにてウインターフェスティバル(糸魚川市・大町市、白馬村、小谷村)白馬バレー広域連携事業を行いました。オーストラリア人を中心とした多くの外国人観光客がすぐそばまで訪れているという現状を糸魚川市の関連団体と共に肌で感じることができました。
また、日本青年会議所地域再興会議とも連携し、日本在住の外国人、インバウンドの有識者に糸魚川へお越しいただき、外国人目線、有識者目線で感じる糸魚川の魅力と、これからの糸魚川の可能性を見出していただきました。
11月3日~8日に金沢で開催された世界会議金沢大会(JCI World Congress金沢大会)にて、催しの一つであるエクスカーション(体験型の見学会)が糸魚川でも開催され、32名もの海外の青年会議所メンバーが糸魚川を訪れました。糸魚川の酒造蔵体験、セリ体験、海の幸を食し、海洋高校相撲部との交流といった体験を、言葉が上手く通じなくても心の交流を通じて糸魚川の魅力を存分に海外の方々にPRできました。
 

48_05_01.jpg 48_05_02.jpg 48_05_03.jpg 48_05_04.jpg 48_05_05.jpg 48_05_06.jpg 48_05_07.jpg 48_05_08.jpg

 

納涼会&Impact Bar 情熱の館
JAYCEE実践会議 議長:園田 岳彦

JAYCEE実践会議では、2015年度入会の新入会員の育成を行ってきました。委員会活動として、JCへの理解、JAYCEEとしての勉強、議事録の作成、パワーポイントの講習、発表といったJCとしても、一青年経済人としても役立つ、実践的な内容を学ぶことができました。また、担当の8月納涼会や10月事業では、企画構築、設営面で全てを新入会員が行い、一人ひとりが率先して行動している姿が、今後の会を担っていく存在として頼もしく映りました。
 

48_06_01.jpg 48_06_02.jpg 48_06_03.jpg 48_06_04.jpg 48_06_05.jpg 48_06_06.jpg
 

『活動的な組織となるために~LOM全体で会員拡大の意識を共有しよう!』
総務委員会 委員長:保坂 真一郎

総務委員会では、青年会議所運動を今後も継続的に行っていくためには、組織に刺激と活力を与えてくれる多くのメンバーが必要となります。4月例会ではLOMメンバー一人ひとりが拡大に対して理解し、意識を共有していくことで会員拡大への機運を会全体で高め、メンバー一人ひとりが当事者意識を持ち、拡大に対して率先して行動することに繋げることを目的として行われました。7月例会では、さらなる一歩踏み出すため、メンバー一人ひとりが、所属する糸魚川青年会議所のために何ができるかを意識して、積極的に行動していくことが、組織として活動を行っていく上で重要であると考え企画しましたとして設けました。

49_01_01.jpg 49_01_02.jpg 49_01_03.jpg 49_01_04.jpg 49_01_05.jpg 49_01_06.jpg 49_01_07.jpg
 

『踏み出そう対外活動への第一歩』
渉外委員会 委員長:木島 大輔

渉外委員会では、2月例会で公益社団法人日本青年会議所新潟ブロック協議会2016年度ブロック会長第6エリア公式エリア訪問を第6エリアを代表して糸魚川JCが開催地の主管となり、第6エリア内での交流を図りながら、本年度の青年会議所活動への参加・参画意識に繋がるよう開催いたしました。
6月例会では新潟ブロック協議会をはじめ、多くの対外事業に参加する機会に、多くのLOMメンバーと交流し、出会いをチャンスと捉え情熱的、 積極的に参加することで、組織全体としてより広い視野での自己成長へつなげていくことを目指して今後の成長への糧になる機会を演出すべく企画しました。

49_02_01.jpg 49_02_02.jpg 49_02_03.jpg 49_02_04.jpg 49_02_05.jpg
 

『子供の可能性を、まちの可能性に』
「志縁」ひとづくり委員会 委員長:五十川 淳一

志縁ひとづくり委員会では、3月例会で『雪と遊ぼう!糸魚川雪まつり ~ITOIGAWA SNOW FESTIVAL~』が行われました。雪国糸魚川という郷土の魅力を参加した親子に遊びながら感じてもらう為に、とことん雪で遊べる企画として考えました。
8月事業では『ボクらの秘密の森~ITOIGAWA GREEN ADVENTURE~』が行われました。子ども達が幼少の頃から親子で多くの経験を積み重ねていけるよう、親世代が糸魚川にある豊かな自然環境や郷土の魅力を再認識し、子ども達にその良さを伝えていくことが必要であると考え、今回の事業を計画致しました。
10月例会では『郷土の魅力を体験!親子バスツアー~ITOIGAWA ONEDAY TRAVEL~』が行われました。子ども達がより郷土の魅力を体験しやすい環境を築くためには、青年会議所メンバーや意識の高い親世代の方々が、糸魚川の自然体験の良さ、そしてこのまちの郷土の魅力を語ることができるようになることが必要であると考え本例会を企画いたしました。
 

49_03_01.jpg 49_03_02.jpg 49_03_03.jpg 49_03_04.jpg 49_03_05.jpg 49_03_06.jpg 49_03_07.jpg 49_03_08.jpg 49_03_09.jpg
 

『受け入れマインドに火をつけろ!~糸魚川でのインバウンドの可能性~』
アトラクティブ「志縁」委員会 委員長:小出 薫

アトラクティブ志縁委員会では、5月例会で糸魚川を訪れる外国からのお客様に糸魚川の魅力を伝えるべく、その受け入れ態勢を整備すること目的に活動しました。
9月例会では糸魚川でのインバウンドの現状や受け入れ現場等がまだまだ知られていないことが分かりました。身近な取組みを学び、情報を共有して、さらに受け入れへの一歩を踏み出し意欲を向上していく必要があり、本例会を企画しました。

49_04_01.jpg 49_04_02.jpg 49_04_03.jpg 49_04_04.jpg 49_04_05.jpg
 

『AWARDS JAPAN 2016で最優秀賞~糸魚川シーフードシャトル~』
白馬VALLEY+糸魚川SEAプロジェクト プロジェクトリーダー:片山 良博

糸魚川の交流人口の拡大へ向けて、インバウンド分野を既に
先進的に取り組んでいる白馬VALLEY(大町市・白馬村・小谷村)
との連携強化を図り、糸魚川市内飲食店を中心に外国人観光客の受け入れを行うため
冬季期間限定でシャトルバスが運行となります。
訪れた外国人観光客も大満足
これを機に、外国人の方にも、まずは糸魚川のことを知ってもらい
ゆくゆくは滞在に繋げていければいいですね。

49_05_01.jpg 49_05_02.jpg 49_05_03.jpg 49_05_04.jpg
 

『会の力をより発揮できる環境を整え、組織の活性化を図る』
総務委員会 委員長:猪又 高貴

1月例会では例年新年祝賀会を行っていましたが、糸魚川駅北大火を受け、「1月例会『Get a Chance!』~がんばろう!!糸魚川~」として一部内容を変更し開催させていただきました。

  50_01_01.jpg 50_01_02.jpg 50_01_03.jpg 50_01_04.jpg 50_01_05.jpg

 

『メンバー同士の交流を通じて絆を深め、組織の活性化を図る。』
JAYCEE活性化委員会 委員長:渡辺 澄男

JAYCEE活性化委員会では、メンバーが同じ気持ちで活動していくために、JC活動に対する魅力や意義を伝える活動をしました。2月例会では、交流を通じてJCの魅力や意義を共有できるよう肯定意見と否定意見を話し合うディベート大会を開催しました。6月例会では新入会員一人ひとりに着目した交流の場を設け、自らを既存のメンバーにアピールしてもらいました。

  50_02_01.jpg 50_02_02.jpg 50_02_03.jpg 50_02_04.jpg 50_02_05.jpg

 

『子どもたちが将来たくましく育つために』
ひとづくり委員会 委員長:比後 龍賢

ひとづくり委員会は将来たくましく育つ子どもたちの育成のため、自己肯定感を伸ばす自然体験活動を、幼児期の子どもとその保護者を対象に実施しました。

  50_03_01.jpg 50_03_02.jpg 50_03_03.jpg 50_03_04.jpg 50_03_05.jpg 50_03_06.jpg

 

『Uターンのきっかけにつなげるために、郷土愛の醸成を図る』
郷土愛醸成委員会 委員長:富田 協

郷土愛醸成委員会では定住人口拡大を見据え、Uターンのきっかけにつなげるために、郷土愛の醸成を図るために活動しました。3月ではLOMメンバーが糸魚川の現状や他地域の取り組みを共有し、Uターン促進に対する意識を高める例会を開催ました。8月事業では実際に糸魚川の魅力を高校生に伝播する場を創出しました。10月では糸魚川で生活する楽しみや可能性を高校生に伝えていくきっかけをつくる例会をしました。

  50_04_01.jpg 50_04_02.jpg 50_04_03.jpg 50_04_04.jpg 50_04_05.jpg 50_04_06.jpg

 

『創立50周年』
創立50周年実行委員会 実行委員長:山田 卓矢

糸魚川JC創立50周年記念事業は、『未来へ繋ぐ感謝』を基本コンセプトとし、これまでの糸魚川青年会議所の運動を振り返り、『地域の皆様への感謝』『先輩諸氏への感謝』『県内外の同志への感謝』の3つの感謝を、創立50周年実行委員会とメンバー一丸となり形にすることで、一日も早い復興、そして、未来へ向けた我々の運動の更なる推進へと繋げて参ります。

50_05_01.jpg 50_05_02.jpg 50_05_03.jpg 50_05_04.jpg 50_05_05.jpg 50_05_06.jpg 50_05_07.jpg
 

『活動を運動に繋げられる組織となるために、事業構築を学ぶとともに、効果的な広報を行うことで組織基盤の強化を図る』
総務委員会 委員長:牧江 龍郎

総務委員会では、「メンバーが、より質の高い事業構築を行うきっかけをつくる。」「JCにおける事業の組み立て方」を学び、新入会員にも基本的な部分の理解を深める例会を行いました。
「糸魚川市役所産業農林水産課 産学官推進企画幹  久保田郁夫 様 」、「フェルエッグ代表 渡辺洋子 様」をお招きし事業におけるストーリーの構築、最終的に地域の利益になって絡むようなお話しをいただき、多くの学びをいただくことが出来ました。

51_01_01.jpg 51_01_02.jpg 51_01_03.jpg 51_01_04.jpg

 

『活動を運動に繋げられる組織となるために、会員拡大を行うとともにメンバーの会員拡大に対する意識の向上を図る』
会員拡大委員会 委員長:本間 寛道

会員拡大活動を行うため2月例会では、となみJCより「中嶋かおる 君」をお招きし糸魚川JCに興味を持たれた地域の方々と、JC活動の意義や交流を広めるために講演を行っていただきました。10月例会では、新入会員が中心となり例会を企画・運営をしてボウリング大会が行われました。

51_02_01.jpg 51_02_02.jpg 51_02_03.jpg

 

『地域の人々が豊かな糸魚川の自然を守り伝えるきっかけを作る』
ひとづくり委員会 委員長:綱島 亮

ひとづくり委員会では、糸魚川における自然環境について学び、守り伝えていく機運を高める活動を行いました。4月例会では、講師に「糸魚川理科教育センター所長 吉田一郎氏 」をお招きし糸魚川の自然の現状を講演して頂きました。7月例会では、鶴本修一様をお招きし戸倉山に登山を行い糸魚川の豊かさを守り維持していく大切さを学びました。11月事業では、自然を守る大切さを学ぶ絵本を制作し、糸魚川の全幼稚園に絵本の読み聞かせを行いました。

51_03_01.jpg 51_03_02.jpg 51_03_03.jpg 51_03_04.jpg

 

『災害時の被害への迅速な対応に繋がるよう、各組織や団体と連携しネットワークの構築を図る』
災害ネットワーク構築委員会 委員長:橋本 保宏

災害ネットワーク委員会では、災害に迅速な対応をするために活動を行いました。3月例会では、「池原 公人 先輩」、糸魚川復興街作り情報センター「野村 祐太 氏」のお二方をお招きし、『災害発生時にどのような事が起き、何が必要となるのか』を学びました。6月例会では、「公益社団法人中越防災安全推進機構地域防災力センター  マネージャー 河内 毅 様」をお招きし『災害後、支援の中心となる各組織とのネットワーク構築を目指し、連携の重要性』講演を行いました。9月例会では、迅速な対応に繋がる災害ボランティアセンターの活用を理解するために糸魚川地域の各区長様からお集まりいただき
ボランティアは受け入れる地域にもその活用やボランティアへの理解がないとうまく機能できないことが例会を通じて知ることができました。

51_04_01.jpg 51_04_03.jpg 51_04_02.jpg 51_04_04.jpg

 

組織の力を最大限に発揮するために、JCの目的を理解すると共に、JAYCEEの知識・心構えを学び身に付けることで、組織の更なる活性化を図る
総務委員会 委員長:渡辺 澄男

 
総務委員会では、新年祝賀会「POSITIVE」をはじめ、5月例会では嶋田 亮トレーナーをお招きし「VMVセミナー」を開催しました。JCの目的とは何か全員で確認し共有することができました。9月例会では 「心構えをもって! 〜自ら考えよう〜」を開催し率先した行動に繋げるため、メンバー個々が活動に対する心構えを考えるきっかけを作ることが出来ました。
 

img20200713180618814752.jpg img20200713180618806979.jpg img20200713180621568021.jpg

『組織の力を最大限発揮するため、一人でも多くの仲間を迎え入れると共に、メンバー同士の信頼関係を築くことでメンバーの定着を図る。』
会員拡大委員会 委員長:今井 圭太

 
会員拡大委員会では、2月例会にて会全体で会員拡大を継続して行っていくために、候補者へのアプローチに対する不安・苦手意識を軽減し、メンバーが積極的に会員拡大活動に参加・参画できるようにするために大島 栄毅 先輩をお招きし会員拡大の秘訣をご教授頂きました。納涼会「POSITIVE」では多くのシニアメンバーの皆様からお集まりいただき 現役メンバーとしても、これまでの糸魚川青年会議所を築いてこられた先輩諸氏と交流できる貴重な機会を設営いたしました。卒業例会「POSITIVE」盛大に卒業生を送り出すべくメンバー一丸となってお祝いする準備・設営など行いました。

  img20200713180621718102.jpg img20200713180621908465.jpg img20200713180621850800.jpg

『メンバーが所属する企業の継続と発展に寄与するため、経営に必要とされる能力を高めることで、地域社会の発展へと繋げる。』
経営開発経営力向上委員会 委員長:畑 俊宏

 
経営開発経営力向上委員会では、3月例会にて「継続発展する企業に革新するには!!」をテーマに滋賀ダイハツグループ オーナー 株式会社ゴトウ経営 代表取締役 後藤 昌幸 様、株式会社ゴトウ経営 今井 美之 様お迎えし講演を行いました。6月例会では。「みんなで経営を体験してみよう」を行い、実際の経営に置き換えて考えることで気づきがあり、市場の状況を捉え他社の動きに注目することの大切さを学びました。10月例会では、木村経営ブレーンの木村岳二先生をお招きし、企業が存続発展するために必要な資金分岐売上高の求め方とその売上を稼ぎ出す考え方、企業の体質を良くするための分析ツールとして資金別貸借対照表の使い方を教えていただきました。
 

  img20200713180618808564.jpg img20200713180618809376.jpg img20200713180618802278.jpg

『特色ある地域の魅力を、様々な団体と連携・協議して効果的に発信することで交流人口の拡大を目指す。』
郷土の魅力プロモーション委員会 委員長:松澤 克矢

 
郷土の魅力プロモーション委員会では、4月例会にて株式会社イールー代表取締役CEO 伊藤 薫 様」をお招きし、講演を行っていただきました。糸魚川のどういう事を紹介し、どういう方に来て欲しいのかという 「ターゲッティング」をしっかり設定し活動を行っていくことが重要さをご教示いただきました。7月例会では、「プロモーションを実践してみよう」と題し木浦地区を、Aコース・Bコースの2つに分けてまち歩きを行いました。Aコースでは 『長者温泉ゆとり館正願寺東陽寺日吉神社』Bコースでは 『 八幡神社五社神社鬼伏港西性寺・鬼の墓』を周り、自分が気に入った場所などを携帯で写真に撮りながら歩きました。

  img20200713180621802224.jpg img20200713180618747326.jpg

組織の力を最大限に発揮するために、JCの目的を理解すると共に、JAYCEEの知識・心構えを学び身に付けることで、組織の更なる活性化を図る
総務委員会 委員長:小坂 優太

 
総務委員会では、新年祝賀会「POSITIVE」をはじめ、5月例会では嶋田 亮トレーナーをお招きし「VMVセミナー」を開催しました。
JCの目的とは何か全員で確認し共有することができました。9月例会では 「心構えをもって! 〜自ら考えよう〜」を開催し率先した行動に繋げるため、メンバー個々が活動に対する心構えを考えるきっかけを作ることが出来ました。

 

『組織の力を最大限発揮するため、一人でも多くの仲間を迎え入れると共に、メンバー同士の信頼関係を築くことでメンバーの定着を図る。』
会員拡大委員会 委員長:今井 圭太

 
会員拡大委員会では、2月例会にて会全体で会員拡大を継続して行っていくために、候補者へのアプローチに対する不安・苦手意識を軽減し、メンバーが積極的に会員拡大活動に参加・参画できるようにするために大島 栄毅 先輩をお招きし会員拡大の秘訣をご教授頂きました。納涼会「POSITIVE」では多くのシニアメンバーの皆様からお集まりいただき現役メンバーとしても、これまでの糸魚川青年会議所を築いてこられた先輩諸氏と交流できる貴重な機会を設営いたしました。卒業例会「POSITIVE」盛大に卒業生を送り出すべくメンバー一丸となってお祝いする準備・設営など行いました

『メンバーが所属する企業の継続と発展に寄与するため、経営に必要とされる能力を高めることで、地域社会の発展へと繋げる。』
経営開発経営力向上委員会 委員長:畑 俊宏

 
経営開発経営力向上委員会では、3月例会にて「継続発展する企業に革新するには!!」をテーマに滋賀ダイハツグループ オーナー 株式会社ゴトウ経営 代表取締役 後藤 昌幸 様、株式会社ゴトウ経営 今井 美之 様お迎えし講演を行いました。6月例会では。「みんなで経営を体験してみよう」を行い、実際の経営に置き換えて考えることで気づきがあり、市場の状況を捉え他社の動きに注目することの大切さを学びました。10月例会では、木村経営ブレーンの木村岳二先生をお招きし、企業が存続発展するために必要な資金分岐売上高の求め方とその売上を稼ぎ出す考え方、企業の体質を良くするための分析ツールとして資金別貸借対照表の使い方を教えていただきました。
 

『特色ある地域の魅力を、様々な団体と連携・協議して効果的に発信することで交流人口の拡大を目指す。』
郷土の魅力プロモーション委員会 委員長:松澤 克矢

 
郷土の魅力プロモーション委員会では、4月例会にて株式会社イールー代表取締役CEO Aコース・Bコースの2つに分けてまち歩きを行いました。Aコースでは 『長者温泉ゆとり館正願寺東陽寺日吉神社』Bコースでは 『 八幡神社五社神社鬼伏港西性寺・鬼の墓』を周り、自分が気に入った場所などを携帯で写真に撮りながら歩きました。
 
 

『メンバーそれぞれがJC活動にやりがいや価値を感じ、活き活きと活動できる組織となるための礎を築く』
総務委員会 委員長:上田 哲郎

 
総務委員会では、組織運営や事業構築等について学ぶ場を設け、会議やスケジュール管理等、JC活動におけるICTツールの効率的な活用方法について学ぶ場を設え活動を行いました。

 

 

『自己成長の機会をより多く創出できる組織となるべく、10名以上の新規会員の入会を実現し、メンバー同士が互いに成長を支え合える関係を構築し、定着につなげる活動を行いました。』
人財交流委員会 委員長:松木 美沙子

 
人財交流委員会では、会員拡大について、メンバーの意識を高め、一丸となって取り組み新たな仲間との出会いにつながるよう、糸魚川JCの魅力と活動内容を公式ホームページやSNSを用いて効果的に広報し、 互いの成長を支え合える関係を構築するべく、メンバー同士の交流を促進する機会を設ける活動を行いました。

 

 

『メンバーの所属する企業において働き手が意欲を持ち能力を発揮できる方法をメンバーが学び理解することで「働きがいのある職場」になるためのきっかけをつくる。』
活力向上委員会 委員長:吉垣 信仁

 
メンバーが所属する企業の現状の課題を調査研究し、働きがいのある職場を実現することの意義と必要性を共有し、企業の風土や職場の雰囲気づくりに着目し、働き手の意識に働きかける方法を学ぶ機会を設け、働き方の多様化に対応する職場環境の整備について学ぶ機会を設ける活動を行いました。

 
 

『首都圏等の都市に住む移住希望者に対し情報発信を行うことで、糸魚川の認知度向上を図り、糸魚川の定住人口拡大に向けて移住を促進する。』
First Place糸魚川発信委員会 委員長:中嶋 康仁

 
First Place糸魚川発信委員会では、移住希望者の要望や他地域における移住誘致の取り組みを調査・研究し、メンバーと共有することで移住に関する知識の向上を図り糸魚川の魅力を伝えるため、移住希望者に対し情報発信を行いました。11月事業の「愛は移住を救う 生放送1.5時間テレビ」では、新潟ブロック褒賞事業第一位を受賞されました。
 

 
 

『メンバー一人ひとりがJC活動をする上で、知識・心構えを身に付け、未来に繋げる運動ができる組織をつくる。』
総務委員会 委員長:橋本 保宏

 
総務委員会では、JC運動を推進する為に、JCプロトコルを学ぶ機会を設けメンバーがより参加・参画しやすくする為にICTを活用す機会を設けるなど活動を行いました。

 

 

『地域の課題に一歩踏み出す組織であり続ける為に、糸魚川JCの結束をより強める。』
会員交流委員会 委員長:渡邉 幸

 
会員交流委員会では、信頼関係を築く為に、メンバー同士の交流を深め目的を共有し自発的に行動を起こす為に、卒業例会などを担当しチームワークを高める活動を展開する活動を行いました。

 

 

『地域の課題に一歩踏み出す組織であり続ける為に、糸魚川JCの結束をより強める。』
かちづくり委員会 委員長:佐藤 進哉

 
かちづくり委員会では、地域内の経済循環の現状を調査研究し、経済循環が向上する意義と必要性を学び、地域内での消費に対する意識を高める機会を設ける7月には知糸デーを開催するなど精力的に活動を行いました。

 

 

『糸魚川市民が「人」を通じて再発見した地域の魅力を発信し、糸魚川が目的地となるための礎を築く。』
糸魚川ReDiscover委員会 委員長:小林 大祐

 
糸魚川ReDiscover委員会では、メンバーが糸魚川の魅力を「人」に注目して学ぶ機会を設け、糸魚川市民が糸魚川の魅力やその背景を再発見する機会を創出し、糸魚川市民の地域の魅力に対する理解を深める運動を通して、いといろ日和を作成し、対外へ発信いたしました。

 
 

『先輩諸氏の活動に込められた想いを学び、未来へ繋がる糸魚川JCをつくるきっかけとする。』
55周年実行委員会 実行委員長:小出 薫

 
55周年実行委員会では、これまで活動してこられた先輩諸氏や、新潟県内・外各地の同志の皆様へ感謝を伝える場を設け県内各地へキャラバンを行いました。また、先輩諸氏が活動に込めた想いを学び、未来の構想では、記念事業「メタバース」を活用した事業を行いました。

 

 
 

『JCでの交流機会を増やし、メンバー一人ひとりが輝き、地域に必要な組織となる。』
総務委員会 委員長:石塚 友和

 
総務委員会では、メンバー全員が交流し、お互いを高めあいながら成長し、多くの体験ができる活動を行い、現役メンバーとシニアメンバーとの垣根を越えた交流ができる場を設け、SNS等でメンバーが輝く姿を対内外へ発信する活動を行いました。

 

 

『10名以上の新入会員の入会を実現し、継続的な組織の活性化を図る。』
拡大アカデミー委員会 委員長:畑 俊宏

 
拡大アカデミー委員会では、メンバー一人ひとりが会員拡大を体験できる機会を設ける活動を行い、多くの会員候補者と面談を行い、メンバーが、新入会員とともにJCの理念や価値、運動について学ぶ活動を行いました。

 

 

『広域的な関係人口の拡大を行う機運を高め、交流人口の拡大に向けた新たな魅力を創出する。』
糸魚川ファンづくり委員会 委員長:青木 資甫子

 
糸魚川ファンづくり委員会では、塩の道エリアでの人とヒトとの交流を促進させ、連携できる関係を構築し、ファンづくりについてともに学ぶ機会や、熱狂的な糸魚川ファンを増やすための機会を創出し、運動につなげるなど、精力的に活動を行いました。

 

 

『糸魚川ジオパークの大地が持つ魅力を再認識し、チーム糸魚川として連携した活動を通じ、新しい事業の創造に向けた礎を築く。』
大地の魅力体験委員会 委員長:小河原 孝彦

 
糸魚川ReDiscover委員会では、市民や市内外の若者が、糸魚川ジオパークや石のまち糸魚川といった大地のポテンシャルを活かした事業や活動の目的と内容を再認識する機会を設け、糸魚川市や新潟県、観光協会、市内事業者等と協力し、糸魚川ジオパークの魅力を活用した新しい商品・サービスを開発しました。
また、市内外の若者のアイディアを取り入れ、大地の魅力を活用した斬新なイベントを実施し、新しい活動に挑戦できるまちを目指すことで、関係人口増加と郷土愛の醸成を図る活動を行いました。

 
 

『先輩諸氏の活動に込められた想いを学び、未来へ繋がる糸魚川JCをつくるきっかけとする。』
事務局長兼ゴルフ大会実行委員長:小倉 祐紀

 
事務局では、JCメンバーが自己成長できる場を創出し、JC活動への参加が促進される環境をつくる活動を行いました。また、新潟ブロック協議会会員交流ゴルフ大会「なんて伊井(良い)日だ!in糸魚川」を開催いたしました。